Googleアプリと連動、より最適なタイミングでチラシを表示

凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)※1」は、2015年4月27日より、新しいレコメンドチラシ配信を開始すると発表した。

Android端末向け「Shufoo!」アプリが、Googleアプリの「Nowサードパーティープラットフォーム※2」に対応。
ユーザーが、「Shufoo!」アプリでお気に入り登録している店舗の半径500m圏内を通過するタイミングで、その店舗のチラシがGoogleアプリのNow カードに表示される。
ユーザーはそこから「Shufoo!」アプリを起動し、チラシをチェックすることが可能だ。

今回の「Shufoo!」アプリがNow カードに表示されることで、「Shufoo!」にチラシを掲載する企業は、最適なタイミングで商圏内にいる顧客にチラシ情報をリーチさせることが可能となる。
「Shufoo!」は、位置情報に連動した情報のレコメンドによる新たなチラシ配信手法の確立によって、企業から預かるコンテンツの価値向上を実現する。

オム二チャネル化が話題となる中、実店舗とECをつなぐ要素としても期待が持てる。

※1「Shufoo!」
凸版印刷が、20-40代の女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス。
大手流通各社、地域主力スーパーなど約3,000法人、約104,000店舗が参加。PCに加え、携帯電話やデジタルテレビ、拡大するスマートフォンやタブレット端末など様々なデバイスから日本全国の電子チラシを閲覧することがでる。

※2 Google アプリのNow カード
Google アプリのNow カードは、カレンダーに登録した打合せのリマインダーなど、知りたい情報をちょうど良いタイミングで表示する機能。

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]