[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]手間や担当者を増やすことなく販売機会を拡大
[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”1565″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]Hamee株式会社(以下、Hamee)は、ECのバックヤード業務支援サービス「ネクストエンジン」において、「BASE全自動」と「ヤフオク!全自動」という2つのアプリをリリースした。

同アプリは、ネクストエンジンAPIを利用して構築する。
従来の在庫連携のみでなく、出品や受注取込、カートへの出荷済みステータスの連携、評価などを自動で行う。
従来の「ネクストエンジン」を使った一元管理に比べ、大幅な省力化を実現。
実際にHameeが同アプリを利用して、ヤフオク!の運用を試みたところ、担当者を増やすことなく約1ヶ月で注文が400件増加したそうだ。このことから、日々の業務をほとんど変更することなく、販売機会を増やすことが可能だという。

利用料金は、「BASE全自動」は無料で、「ヤフオク!全自動」が落札金額の2%のみかかる。
また、外部事業者に向けて同アプリの基盤のソースコードの提供も可能とのこと。

[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:Hamee ニュースリリース[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース