システム

LINE Pay全ユーザーを対象に利用者補償制度を導入

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

第三者の不正利用による損害をLINEが補償

LINE株式会社(以下、LINE)は、スマートフォンアプリ「LINE(ライン)」に搭載するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」において、第三者による不正利用によって被った損害を補償する利用者補償制度を導入した。

本制度は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社から補償の提供を受けたサービス。
2月1日以降、LINE Pay上で行われた送金・決済・出金の全てが対象となる。
特別な申し込み・費用などは一切不要で、損害を被った場合、ユーザーは問題報告を申告すれば保証が受けられる。

利用者補償制度の適用対象及び、適用対象外については以下の通り

【利用者補償制度の適用対象となる事例】
・端末の紛失や盗難により、第三者にLINE Payにログインされ、金銭移動が行われた場合
・LINEおよびLINE Payのログイン情報が第三者に特定され、他の端末からアカウントに不正ログインし金銭移動が行われた場合
・第三者によって不正にログインされたLINE Payアカウントからアカウント所有者本人以外に送金依頼が送信され、それに応じて送金処理が行われ、さらに金銭移動が行われた場合*2
*2:LINEから不正ログインがあったアカウント所持者に補償を行い、その後、該当友だち間での金銭のやり取りが必要です。

【利用者補償制度の適用対象外となる事例】
・アカウント所持者の故意によって金銭移動が行われた場合
・LINEおよびLINE Payのログイン情報を自ら他人に教えたり、公開したりするなど、アカウント所持者の重過失が認められる場合
・LINE Payの利用規約および法令に違反する行為が認められた場合

LINEは本制度の適用により、ユーザーが安心して便利に利用できる次世代のインフラを目指す。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-システム
-, ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.