システム

クラウドコンピューティングPaaSに、国内初のEC業務特化型が登場

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

ECに特化したクラウド型開発用システム

株式会社Commerble(以下、Commerble)は、EC事業者向けに、国内初のEC業務特化型PaaS(Platform as a Service)「Commerble EC PaaS」の提供を開始した。

PaaSはサービスの開発と運用に必要となるプラットフォームと主要な機能を、クラウド環境から「パーツ」「API」として利用し、独自機能も開発できるサービス。

初期費用はゼロで、1受注処理ごとに200円の従量課金制。
常に最新、安全でかつ安定したプラットフォームと、汎用機能を利用しながら、ECサイトの開発や運営が可能。

およそ8年程前クラウドコンピューティングサービスが登場してからというもの、多くの事業者がそれを活用し、進化させていくことで、世の中に大きな影響を与えてきた。
しかし、EC業界においては、クラウドコンピューティングサービスの進化の恩恵がまだ充分に受けられていないという。

Web関連技術は常に改良や拡張、進化を続けており、自社のシステムを陳腐化させないためには、それまでに投資した業務的なノウハウを放棄して全面的なリニューアルを行う必要があった。

Commerbleは必要なシステムを低コストかつ迅速に開発し、稼働させ、継続的に改良をしていくことが、EC業界を活性化させると述べており、このたびECに特化したクラウドサービスをリリースするに至った。

Commerble EC PaaSについて

【Commerble EC PaaSの概要】
[1]eコマースサービスの開発と運用に必要となるハイパフォーマンスなプラットフォームと主要な機能を、初期費用無し、1受注処理毎@200円の従量課金でご利用頂けます。当該料金には、インフラ利用料(サーバー、ネットワークほか)、基本アプリケーション利用料、テンプレート利用料、ライセンス更新・アップグレード費用、24/365監視費用、セキュリティ監査費用等が予め含まれます。
[2]主要機能
コンテンツ管理システム、ユーザー管理システム、商品管理システム、在庫管理システム、基幹システム連携、多店舗サイト連携、POS連携、コールセンター連携、各種バッチ連携、O2O連携、その他外部サービス連携他が利用頂けます。
[3]主要機能をクラウドからパーツ、APIとして利用頂けます。
[4]認定インテグレーターを通じてご利用頂けます。

【Commerble EC PaaSの特長】
[1]イニシャルの投資コストと運用コストの大幅圧縮が可能になります。
[2]数年毎に発生するシステム・業務資産の放棄とゼロベース刷新が必要なくなります。
[3]システムの所有と保守から解放され、クラウドを通じて“ECの業務”として利用できます。
[4]ハイパフォーマンスな処理能力を利用でき、大規模eコマースサービスにおいてもキャパシティプランニングから解放されます。
[5]他社のeコマースサービス、及びeコマース業務との差別化を図るための、戦略的なカスタムアプリケーションの開発に集中でき、これらの資産価値は継続して残ります。
[6]スクラッチ開発、EC専用パッケージソフトウェア利用、オープンソースソフトウェア利用、ASP利用、SaaS利用など、従来型の各構築・運用手法において発生していた、コスト、性能、機能、カスタマイズ、セキュリティ、価値の継続性におけるトレードオフが解消されます。
[7]継続的に進化し、陳腐化しないシステムと業務を構築できます。

PaaSについて

Platform as a Serviceの略。 IaaS/SaaSと共に、クラウドコンピューティングモデルの一つの形態で、ソフトウェアの開発、及び稼動させるためのプラットフォームをクラウド上でサービスとして提供するものです。利用者(利用企業、開発者等)は、プラットフォーム上で開発したサービスを自ら利用したり、自らの顧客に提供することができます。

出典元:Commerble

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-システム
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.