企業戦略

ヤフーが旅行予約サイト「一休」の株式を1000億円超で公開買付

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

ヤフーと一休が展開する予約サービスにてシナジーを生み出す

ヤフー株式会社(以下、ヤフー)は、高級ホテル・旅館の予約サイト「一休.com」などを運営する株式会社一休(以下、一休)の全株式を公開買付け、完全子会社化することを発表した。買収額は1000億円超になるという。

ヤフーは数あるグループサービスの中でも、EC事業を収益の柱として成長させるべく、「eコマース革命」「予約革命」と銘打ち新たなビジネスモデルへの取り組みを進めているという。

一方、一休は「こころに贅沢を」をモットーに、上質にこだわったワンランク上のサービスを提供することを目指しながら事業を拡大しており、「一休.com」のほか、「一休.comレストラン」、「一休.com海外」などのサービスを展開。会員数は約413万人にのぼる。
今後も継続的に同社の成長をサポートでき、シナジーを見出せる戦略的パートナーに株式を譲渡したいという意向のもと、今回の取引に同意したとのことだ。

今後は、ヤフーが運営する「Yahoo!トラベル」、「Yahoo!予約 飲食店」、「Yahoo!ショッピング」などのユーザーを一休のサービスに送客し、利用促進を行うことでシナジーを目指すとともに、ヤフーが強みとするメディア関連サービスを通じ、一休の顧客層をより幅広いものにしていくという。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-企業戦略
-, ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.