高品質な日本製の商品を中国の消費者に提供

楽天株式会社(以下、楽天)が、中国のインターネットサービスを手がける大手企業NetEase, Incの子会社であるHQG, Limited(以下、HQG)と提携した。

HQGは、クロスボーダーECサイト「Kaola.com」を手がけ、すでに日本、韓国、米国、オーストラリア、ヨーロッパ各国の企業数百社と提携。「高品質の商品、お得な価格、優れたサービス」をモットーに、数億個にのぼる高品質の消費を中国の消費者に提供している。

楽天はこの「Kaola.com」内に旗艦店を出店し、高品質な日本製の商品を中国の消費者に販売していく。

楽天、常務執行役員の高橋理人氏のコメント

「楽天は、クロスボーダーECサイトの先駆者であり、革新者として確固たる地位を築いているKaola.comとの提携に、高い期待を寄せています。Kaola.comを通じて中国の消費者の方々に、楽天市場の出店店舗で販売されている商品の中から、特に人気が高い、選りすぐりのこだわり商品をお届けすることを楽しみにしています。」

KaolaのCEO、Zhang Lei氏のコメント

「中国の消費者の間で、高品質な外国製商品への需要は高まり続けています。楽天との提携を通じて、ぜひ人気の高い日本製品の取扱品目数を増やし、商品ラインナップをより充実させたいと思います。楽天市場とKaola.comの提携により、中国の消費者が日本製の商品の数々をより深く知るようになれば、より高品質な商品を簡単に購入できるようになり、ショッピングが一層楽しくなるでしょう。」

関連ニュース