企業戦略

「WeChat Payment」を大丸松坂屋が導入決定、日本の百貨店で初

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

観光客のお買い物を便利にする決済方法、集客・マーケティングへも期待

中国最大のSNSサービスWeChatが展開する決済サービス「WeChat Payment(ウィチャットペイメント、中国名:微信支付)」を、株式会社大丸松坂屋百貨店(以下、大丸松坂屋百貨店)が、騰訊控股有限公司(テンセントホールディングス、以下、テンセント)のグループ企業を代理する株式会社ネットスターズを通じ導入する。

決済資金は、三井住友信託銀行株式会社(以下、三井住友信託)の信託スキームを用いた分別管理を行い運用する。三井住友信託としては、国内での実績やノウハウを生かしたインバウンド向け対応としては初の取組みだという。

WeChatPaymentは中国で最も使われているSNS「WeChat(微信)」を基盤とするサービス。本決済は中国で普及が進むサービスであり、日本に取り入れることで、旅行客にとってよりシームレスな購買環境を提供することができる。これにより、旅行客の一層の購買を促進し、インバウンド消費の分野拡大につながるものととらえている。

日本の百貨店で導入するのは初めてであり、9月30日(水)から大丸・松坂屋の基幹8店舗の化粧品売場などで導入し今後は順次基幹店舗のインバウンド重点売場に拡大予定。
当面は、インバウンド需要の多い化粧品売場などを「WeChat Payment利用売場」とし、利用促進を図る。

■「WeChat Payment」の内容と、中国での普及状況について
「WeChat Payment」は「WeChat」の利用者向けに、テンセントのグループ企業である財付通科技有限公司(以下、テンペイ)が2013年に中国で開始した決済サービス。
顧客は「WeChat Payment」のアプリを起動し店舗でかざすだけで支払いができ、店舗側は管理画面から支払い履歴を管理することができる。
中国全土で都市部を中心に利用が進み、特に20~30代の若い層には手軽な決済手段として親しまれています。

出典元:Netstars press

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-企業戦略
-, , ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.