[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]主力のEC関連事業を中心に46億円の売上高
[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large” images=”1922″][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]スマホグッズのECサイト「Hameeストラップヤ」やEC一元管理システム「ネクストエンジン」などを手がける株式会社Hameeは、東京証券取引所マザーズ市場への上場が承認された。

同社は2014年の売上46億8100万円のうち、EC事業が41億9100万円、純利益は1億2100万円だったと発表。

国内の景気回復やEC市場の拡大を背景に、主力事業であるモバイル・スマホグッズの卸販売において、利益率の高い自社企画商品の販売拡大に注力した。
また、EC事業者向けのASPサービス「ネクストエンジン」の契約者数の増加を図ったという。

今後の課題としては、ブランド力の強化、優秀な人材の確保・育成、グローバル化への対応などを挙げている。

なお、上場日は2015年4月20日(月)を予定しているとのこと。

[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:Hamee ニュースリリース[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース