サイトを離脱後にどのような目的・意図をもってメールを配信しているかを独自調査

ナビプラス株式会社(以下:ナビプラス)は、自社で開発・提供するカゴ落ち対策「NaviPlusリタゲメール」を2015年8月より提供した。
今回、市場調査として「2015年夏通販EC売上上位500サイト(参照:日本ネット経済新聞社公表)」に対して、サイトを離脱後にどのような目的・意図をもってメールを配信しているかを独自調査したとのこと。

■あなたにとって嬉しいECサイトのメールとは?

帰宅して食事を済ませたあとにGメールを開くと、3通のメールが届いていました。あなたはどのメールを開封したいと思いますか?

A.毎日同じ時刻に送られてくる総合ECサイトからのメルマガ
B.3年前に購入したが、その後一度も購入していないECサイトからのメルマガ
C.帰宅中の電車内にてスマホで閲覧したECサイトからの「ご来店ありがとうございました」メール

おそらく多くの方は、「C」をまずは開封したいと思うのではないでしょうか?
「C」のメールを開くと、買うかどうかは決めていないけれどちょっと気になってカートに入れていたアイテムが並べられています。寝るまではまだ時間があるので、ついついそのアイテムを改めて確認してみたくなりますよね。

ユーザにとって嬉しいメールとは?ということを考えると、“誰から”送られてきたのかというのはもちろん大切ですが、“どんなタイミングで”送られてきたのかというのは、それにも増して非常に重要なポイントだという。

実際に、最近では商品をカートへ入れたまま購入せずに離脱してしまったユーザへフォローメールを配信する「リターゲティングメール(カゴ落ちメール)」がECサイトで普及しつつある。
そして、その施策の有効性も実証されてきているという。

リターゲティングメールの驚くべき効果

左図は、とあるECサイトにおいてカートに商品を入れた後、何らかの理由で離脱したユーザに、離脱後30分経ってから、カートに入れていたアイテムの情報を送るリターゲティングメールの実施結果とのこと。
メルマガを含む全メール配信に対するリターゲティングメールの配信シェアはわずか0.3%(左グラフ)でしたが、メール経由の売上高のシェアは13.8%(右グラフ)を占める結果となったという。

通常のメルマガは、直近でサイトに訪問していない(商品の購入を検討していない)ユーザへも送られるが、リターゲティングメールは先ほどまでサイトに滞在していた(商品の購入を検討していた)ユーザにのみ配信されるため、ユーザの購買検討タイミングを知り、そこに合わせて適切なメールを配信することができる。
その為、非常に高い効果を発揮するという。

詳細についてはこちらから

関連ニュース