来訪者の特徴や行動をリアルタイムに解析し可視化する

株式会社プレイドは、同社が提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」の導入企業数が600社(2015年9月末時点)を突破したことを発表した。また、新機能となる「KNOWLEDGE STORE(仮称)」の提供を11月から開始する。

「KARTE」は、ウェブサイトに数行のコードを埋め込むだけで、来訪者の特徴や行動をリアルタイムに解析し可視化することができ、個々の来訪者にあわせたメッセージ配信などを可能にするサービス。これまでにないリアルタイム解析を実現したことにより、利用者がサイトから去ってしまう前に、必要な情報を適切なタイミングで自動的に提案することができる。

2015年3月に一般公開して以降、アパレル・コスメ・家電など様々なジャンルのECサイトをはじめ、ホテル・⼈材紹介・不動産・英会話などの多様なカテゴリの企業に導入されている。また、2015年8月には「DeNAショッピング」と「auショッピングモール」に導入され、オンラインショッピングモールの店舗向けに初めて提供を開始した。
これまでに解析したユニークユーザー数は累計2.5億人※を超えており、累計接客回数は1億回を突破したという。
※サイトごとに解析した累計UU数を合算した数字。

新機能「KNOWLEDGE STORE(仮称)」について

「KNOWLEDGE STORE(仮称)」は、成功事例テンプレートから簡単に接客を実装できる「KARTE」利用店舗向けの新機能。
「KNOWLEDGE STORE」を通して「KARTE」が蓄積した成功事例より汎用化できるものを抽出し、無料で提供することで、より「KARTE」を簡単に活用できることを目的として提供するという。

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]