マーケット プロモーション 海外

越境EC『bolome』、3,000万米国ドルの資金調達、APPで動画や生中継の買い物体験を提供

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

メーカーなどパートナー企業を募集し、商品ラインアップを大幅に拡大

越境ECビジネスを展開する株式会社Bolomeは、今後急拡大が予想される越境ECの事業領域において圧倒的なNo.1を目指すため、この度同社のホールディングカンパニーであるBolome Holdings Limitedにおいて3,000万米国ドル(日本円換算約36億円)の資金調達を行った。
これを機に営業体制の強化を図るとともに「bolome」に商品を提供できる国内商品メーカーやベンダーなどのパートナー企業を募り、商品調達の強化に努めているという。

「bolome」は、これまで合わせて1,300万米国ドル(約15億6千万円)の資金調達を行っているが、急成長を続ける越境EC市場の需要に応え、より一層事業を加速していくために、今回グローバル投資を進めるKB Investment、Future Creation Neoplux、Share Capitalなどを引受先とする3,000万米国ドル(約36億円)の第三者割当増資を行うと同時に、中国最大の検索エンジンポータルである「百度」と戦略的資本・業務提携を実施した。
中国の株式市場や中国の貨幣である人民元の大幅下落が続く環境下において、わずか半年のスタートアップが、2億米国ドル(約240億円)のバリュエーションで、3,000万米国ドルという大型の資金調達に成功したことは類稀であり、これは「bolome」の先進性や将来性を評価している証。

■「bolome」について
「bolome」は、国境を越えた電子商取引である「越境EC」ビジネスを展開しており、現在は中国の個人顧客に対して、日本と韓国の化粧品をはじめ、日用雑貨、健康食品、ベビー用品など2,000近い商品を販売している。

Taobao(淘宝)やTmall(阿里巴巴)などの売り手と買い手をつなぐプラットフォーム提供とは異なり、専用のスマートフォン向けアプリケーションを通じた独自のマーケットプレイスで商品の仕入から販売までを一貫して「bolome」が行っている。既に国内の大手ベンダーや人気メーカーとの提携を行っており、2015年7月の正式なサービスインからわずか2ヶ月目である8月の1ヶ月間で既に1,000万人民元(約2億円)の売上を突破した。

【これまでの業績】
・サービスインの第1周目で1日の新規ユーザー増加数が2万人を記録
・サービスインの2ヶ月目で1,000万人民元(約2億円)の売上を達成
・10月の1日の注文数が1万を突破
・一人当たり客単価が500元(約1万円)超
・全ユーザーに対する購入ユーザー比率20%
・翌月のリピート購入率45%

■「bolome」の特徴
「bolome」は以下のような独自性をもっている。

(1)店頭価格
日本のお店で売っている金額と同額(中国元換算)で販売している。このため、中国人が来日して店頭で購入する場合と何ら変わりない(一部送料負担有り)。現在は、情報格差を利用した高額販売が行われているケースが少なくないが、「bolome」はこれに一石を投じて、顧客に安価で商品を提供すると同時に本来あるべきの正常なマーケットの樹立に貢献する。

(2)ライブ中継
「bolome」では、すべての商品を動画で紹介する形を採っている。さらに、生放送で商品を説明しながら販売する、いわばスマートフォン版テレビショッピングのようなスタイルで、顧客に分かりやすく商品を紹介している。このライブ中継は「bolome」のリポーターが自ら商品を試したり、メーカーを取材に行って商品開発者に話を聞いたりとバリエーションに富んだ番組構成としており、一般顧客もチャットで参加することができるインタラクティブな中継スタイルとなっている。

(3)商品調達力
中国の越境ECビジネスを展開する各社は、日本側のサプライチェーンの体制が充分ではなく、このため販売する商品が画一的なものに偏りがちだが、「bolome」はベンダーやメーカーとの関係強化を図ることで、圧倒的な商品調達力を強みとなる。

■今後の展開
今回の抱負な資金をベースに、日本側の営業体制強化を図りながら更なるメーカーやベンダー各社との提携を積極的に進め、商品ラインアップの強化を図ってまいる。また、フラグシップとなるリアル店舗の開設や、オリジナルブランドの商品開発なども視野に入れているという。

出典元:@Press

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-マーケット, プロモーション, 海外
-, , ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.