ユーザー企業の優良な商品・サービスをアルゼンチン・チリ・コロンビアなど中南米7カ国へお届け

■トランスコスモス、エンポリオ・コンプラスと資本・業務提携

トランスコスモス株式会社(以下、トランスコスモス)は、アルゼンチンのECワンストップサービス企業、Emporio Compras Inc.(以下、エンポリオ・コンプラス)と資本・業務提携したと発表した。

エンポリオ・コンプラスは2013年5月にアルゼンチンで設立され、中南米でのオンライン販売流通量最大のECマーケットプレイスMercadoLibre(メルカド・リブレ)への出店代行と他のECモール・ECサイトへの出店、ECサイト構築、フルフィルメント、カスタマーサービス、オンラインマーケティング、ペイメント等のEC支援サービスをワンストップで提供している。

また、エンポリオ・コンプラスは、メルカド・リブレ(Nasdaq:MELI)と、アルゼンチン最大手の物流会社Andreani(アンドレアーニ)より出資を受けており、強力な戦略パートナーシップを築いる。
現在はアルゼンチン、チリ、コロンビア、ウルグアイにサービスを展開し、近くペルー、ブラジル、メキシコにも展開予定だ。

■トランスコスモス、ユーザー企業がもつ優良な商品を中南米各国の消費者に流通

トランスコスモスは今回の資本・業務提携を通じ、トランスコスモスがこれまで培ってきた「グローバルECワンストップサービス」のオペレーションノウハウをエンポリオ・コンプラスが有するサービス機能と融合させ、トランスコスモスのユーザー企業がもつ優良な商品を、メルカド・リブレなどを通じ中南米各国の消費者にお届けるという。
また、中南米地域にEC進出するユーザー企業の支援、中南米企業のアジア進出の支援など、トランスコスモスとエンポリオ・コンプラスは、中南米地域でのパートナーとして幅広く連携してゆく。今回の提携により、トランスコスモスは、これまでのアジア・北米・欧州に中南米を加えた世界40カ国に販路を拡大したとのこと。

エンポリオ・コンプラス 会社概要

エンポリオ・コンプラスは、Disney、Epson、Lenovo、Electrolux、Bosch、Hyundai、Reckitt Benkiser、Garmin、Etex Groupなどのグローバルブランドのパートナーとして、中南米地域でのEC戦略実行とビジネス展開を支援している。
また、メルカド・リブレの有力パートナーとして、メルカド・リブレ上で70ブランド以上の「オフィシャルブランドストア」の運営を行なっている。

中南米は総人口約6億人と日本の約5倍で、デジタル環境の普及も進み、EC市場規模は2016年約7.9兆円規模から2019年約10.2兆円規模まで年平均成長率約14%で拡大するものと見られる。
その中、南米で、メルカド・リブレは最大のECマーケットプレイスであり、総取扱高は年間約8,200億円、登録会員数は1億4460万人に上る。
2007年にはアメリカNasdaqに上場しており、アルゼンチンを本拠地としてブラジル・メキシコ・アルゼンチン・コロンビア・チリ・ペルー・コスタリカ・エクアドル・ウルグアイ・ベネズエラ・ドミニカ・パナマ・ポルトガルの13カ国に展開している。
メルカド・リブレはCtoCサービスを事業の柱として発展してきましたが、近年BtoCサービスも本格化してきており、中南米地域のBtoC市場はさらに活況を呈することが見込まれる。

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]