企業戦略 海外

花畑牧場、中国EC進出 越境ECアプリ「ワンドウ」にて独占販売

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

日本の良質な商品を中国女性ユーザーに向けて提案

中国越境ECを手がけるInagora株式会社(以下、インアゴーラ)は、株式会社花畑牧場(以下、花畑牧場)と業務提携し、花畑牧場が展開する商品を中国ECにおいて独占販売する。

インアゴーラは、中国人ユーザーに対して日本の良質な商品を販売する越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」を提供しており、リリース後のダウンロード数は50万件以上にのぼる。中国で人気の日本の商品だけでなく、一般的にはまだ認知されていないような商品も積極的に取り揃えているという。

一方、花畑牧場は、元シンガーソングライターの田中義剛氏によって設立された観光牧場で、不思議な食感の「生キャラメル」などのヒット商品で知られる。

昨今、中国では食品の安全性が問題視されていることもあり、日本の食品への関心が高まっている。
インアゴーラは、「京東全球購」や「美麗説HIGO」などの中国ECの大手プラットフォームとも提携しており、ワンドウ以外のユーザーにも商品を訴求することができるという。

Wonderfullプラットフォームを通じて、商品を提供

またイアンゴーラは、Wonderfullプラットフォームを利用して、中国人ユーザーに商品を提供していく。
Wonderfullプラットフォームは日本企業専用の越境ECサービスで、中国人の運営チームが商品情報の翻訳や商品ページの作成、受注業務などの作業を代行する。日本のEC事業者は、同プラットフォームに商品情報を登録し、日本の倉庫に納入するだけで、出店が可能。より安価かつ敏速にユーザーのもとへ商品を届けることができる。

出典元:PR TIMES

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-企業戦略, 海外
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.