[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]外国人消費者の需要が高まりつづける日本の家電製品[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”3716″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]株式会社ビックカメラ(以下、ビックカメラ)は、中国の大手家電量販店である国美電器(以下、国美)と提携し、中国のEC市場に参入する。
国美が運営する会員数1億2千万人のECサイト「国美在線」の中の日本製品のカテゴリに出店し、これまで中国では販売されていなかった製品450点を現地の消費者に向けて販売する。

国美の流通網を利用することでコストを抑えることができ、また中国の越境ECでは最大手となるアリババグループのECサイトよりも出店費用が安いため、より安価に製品を販売することができるという。また、国美の店舗でビックカメラのPRを行い、より日本製品の認知度を高めていく狙いだ。

中国人観光客が日本の家電製品などを買い込む「爆買い」と呼ばれる現象も起こるほど、中国人にとって日本の製品への関心は高く、ビックカメラではこういった訪日外国人からの売上が約12%にのぼる。
少子化などの理由で家電業界の売上が冷え込む中、外国人消費者への需要は高まり続けている。観光客だけではなく、中国にいる消費者に向けて販路を拡大し、ユーザーを取り込んでいく意向だ。

[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:トレンダーズ ニュースリリース[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース