海外

eBay、ブラック・フライデーに向けたプロモーション開始 越境EC事業者に追い風か

投稿日:


ブラック・フライデーセールを前倒しし、1/1まで「Wish Bigger」を開催

世界中から1.59億人のバイヤー、2,500万人のセラーが集結する米国eBay.comでは、ブラック・フライデーに向けたプロモーション「Wish Bigger」を開催する。

ブラック・フライデーとは、感謝祭(今年は11月26日)の翌日の金曜日のことを指し、特に欧米では1年で最もショッピングが盛り上がるクリスマス商戦の開始の日でもある。
また、翌月曜日はサイバー・マンデーと呼ばれており、ECにおけるホリデーシーズンセールの開始日とされており、越境ECに携わる企業にとっても非常に重要な商戦時期といえる。

eBayとグローバルリサーチ会社TNSの調査によると、今年は12月までクリスマス用ショッピングを待つという人の数が前年から7%減少しているのに対し、11月からクリスマスショッピングを始めると応えた人が増加、女性は43%の人が11月からショッピングを始めると答えている。
また、モバイル端末を使ってクリスマス用ショッピングをする人が昨年から増加傾向にあり、今年も同様だという。
ミレニアル世代(16歳〜24歳)が48%、25歳〜34歳が49%と、特にモバイルの使用が多い世代も明らかになった。

eBayは今年のブラック・フライデーセールを前倒しし、「Wish Bigger」を2015年11月11日~2016年1月1日までの期間開催する。
12月31までにサイトを訪問したバイヤーに、新規販売企業のアイテムが50ドル割引になるクーポンも配布している。

出典元:PR TIMES

関連ニュース


-海外
-, ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.