海外

中国「電子商取引立法」草案が年内に完成

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

淘宝、天猫(Tmall)、京東、蘇寧易購などの大手事業者の規則が重要な参考に

中国にとって初めての「電子商取引法」の草案が年内には完成する見込みとなった。
草案に向けて関係企業、業界の様々な協会及び専門家らで公開意見シンポジウムを行った。

特に消費者が多く利用している淘宝、天猫(Tmall)、京東、蘇寧易購が掲げている規則が立法の重要な参考となっており、一部の規則は直接草案に組み込まれる見込みだという。

全国人民代表大会財政経済委員会、商工業総局、商務部などの政府部門、中国消費者協会、電子商取引協会、インターネット協会、また北京大学、中国政法大学など法律学界と専門家の意見を聞き取り、淘宝の規則制度をベースに採用する見込みだ。

これまでに中国で最大手のECプラットフォームでもある淘宝網ではすでに一連の規則体系を作り上げてきた。
これらの規則は中国国内のインターネット業界の急速な発展の中で、一定の信頼・保障といったプラスの影響を与えてきた。
たとえば、現行の淘宝では会員規約、出店規約、マーケティング(広告)規約、取引・処罰に関する規約と大きく4つの規約に分けている。
これで登録から取引完了まで、全ての過程の中で起こりうる問題に対して解決できる規約を用意している。
これによって大淘宝のプラットフォームの巨大な取引システムを支えることが可能になり、多くの利用者がスムーズに安心して買い物することができている。
特に淘宝の「保証金制度」、「信用評価」「店舗ランク付け」などの規則は多くは、他のECプラットフォームにも受け入れられ、業界の慣例となった。

こういった消費者に対する保障は、淘宝の独自の方法であり、特に「消費者への賠償制度」、「天猫の商品が偽物だった場合、5倍の金額で弁償する制度」、「プラットフォームから内緒に抽選で商品を購入し、検査する規定」など、業界と監督省庁にも認可されるまでになっている。

出典元:艾瑞网iResearch

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-海外
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.