現地に拠点がなくとも台湾の消費者に商品を販売可能

株式会社マイクロアド(以下マイクロアド)は、台湾に特化したEC事業社向けの『ワンパッケージ型の越境ECサービス』を提供を開始すると6月12日に発表した。

台湾はインターネット利用人口の急速な普及率も相まって、現在では1兆台湾元(日本円で約4兆円)規模までEC市場が成長し、2010-2014年の市場規模は毎年15%の二桁成長を記録し、今後も高い水準で伸び率が見込まれる。また、有数の親日国であることも受注の伸びに影響を与えていると考えられる。

日本の中小企業のEC事業社の台湾進出ニーズが高まる一方、物流や現地サポートの構築の負荷がボトルネックとなっている。
当サービスでは、マイクロアドのアジアネットワークと、これまで培ってきたインターネットマーケティングの知見を活かし、越境ECを実現する一括パッケージとして提供する。

▼提供するサービス
(1)商品の審査・関税代行
(2)ECサイト制作・翻訳
(3)カスタマーセンター(コールセンター)
(4)フルフィルメント
(5)決済処理/問い合わせ対応
(6)インターネットプロモーション

これにより、EC事業のためのインフラを整備することなく、台湾へ向けて越境ECを短期間で実現することが可能になる。

マイクロアドは、「ワンパッケージ型の越境EC」の導入を推進し2016年9月期までに、日本国内のEC事業社100社への導入を目指しているという。

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]