企業戦略 海外

ビジネスラリアート、WeChat運用代行サービス開始

更新日:


中国国内向け販促ツールを簡単運用

ビジネスラリアート株式会社(以下、ビジネスラリアート)は、中国国内向け販促ツールとしてWeChat運用代行サービスを開始した。

WeChatは「中国版LINE」とも言われ、インスタントメッセンジャーとSNS機能が融合されたコミュニケーションアプリだ。同アプリのユーザー数は2014年末に6億人を突破したといわれている。このWeChatに、クーポン発行やアクセス解析機能を追加して中国国内向けの販促ツールとしたのが、WeChat運用代行サービスだ。

中国向けに自社商品のPRを検討している企業や、中国人観光客を呼び込みたい自治体向けのサービスとしても利用できる。さらに、オリジナルのネットショップ制作や中国大手B2Cサイト「京東商城」との繋ぎこみなど、WeChatでネットショップを開くことも可能だ。

ビジネスラリアートのWeChat運用代行サービスは、新商品やサービスの告知をより早く、誘引性が高く、低コストに商品やサービスを広めていくことが期待できる。

出典元:PR TIMES

関連ニュース


-企業戦略, 海外
-, ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.