企業戦略 海外

三井住友カードとベリトランス、日本のECサイト向けに 海外消費者に対する購入支援サービスを提供開始

更新日:


中国人消費者の取り込みをサポート

三井住友カード株式会社と、ベリトランス株式会社は、日本のECサイトでの海外消費者による商品購入の促進を目的に、2014年12月より、海外消費者に対する購入支援サービス「BuySmartJapan(バイスマートジャパン)」を新たにプラットフォーム化し、ECサイトを運営する店舗向けにサービスの提供を開始した。

昨今の円安により海外消費者の日本商品を購入する意欲は非常に高くなってきているものの、ECサイトを運営する店舗においては問い合わせ対応等、手間とコストがかかるため、海外消費者からの要望に応えることができないといった店舗が大半で、そのような中、「BuySmartJapan」は購入ページの多言語対応・決済・海外配送・顧客対応に至るまでトータルにサポート可能となっている。

今回、このサービスをドラッグストア「ウエルシア薬局」の総合通販サイトである「ウエルシアドットコム」が導入する。

「BuySmartJapan」の仕組み

「BuySmartJapan」は、中国語(簡体字・繁体字)、英語、韓国語、日本語の4言語に対応したショッピングカートと120の国と地域への海外配送を実現するスキームです。日本のECサイト上にある商品について、海外消費者からの購入依頼をベリトランスが受け付け、ベリトランスが海外消費者に代行して商品の購入を行い、海外配送まで対応します。海外消費者からの購入依頼時の決済手段は、銀聯をはじめ各種国際ブランドカードに対応しています。特に急速にネットショッピングが普及している中国消費者のECサイト顧客化をサポートします。

ベリトランス プレスリリースより

関連ニュース


-企業戦略, 海外
-

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.