[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]「独身の日」の影響が政府にも[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”942″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]中国国務院は、電子商取引の業界が、内需の刺激と成長促進に寄与するとして、政策で優先的に支援すべきとの見解を示した。

中国では11月11日を、「独身の日」と名づけ、先週大規模なセールを行った。
期間中の購買額が571億元(93億ドル相当)にのぼったことが政府の背中を押したと見られる。

国務院は電子商取引に関する特別な勧告は出さなかったが、断続的に出される見解は、産業に対する政策の方向性を示唆するものとして受け止められている。

制作が実行されれば、「独身の日」に莫大な流通を生んだことで報じられた中国EC大手アリババ・グループ・ホールディングが恩恵を受けるようになる見通しだ。

[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:ロイター[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース