[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”896″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]中国大手EC事業のアリババ・グループ・ホールディング(以下、アリババ)は、現地EC企業各社が展開する11月11日「光棍節(シングルズデー)」セール「ショッピング・フェスティバル」をスタートしてから1時間12秒で20億ドル相当の商品を販売した。

うち半分の10億ドルは、セール開始から18分間の売上だという。モバイル比率は、45.5%。

昨年のシングルズデーでは、半日の売上は31億ドルに達している。

アリババは、当セール・イベントを世界最大の24時間オンラインセールと呼び、今年は世界200カ国以上から買い物ができるようになったとしている。
[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:ロイター[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース