自社EC システム 企業戦略

ISIDとUBIC子会社のRappaが業務提携、人工知能による「デジタルキュレーション」の実装支援を提供開始

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントやレビューをもとに、一人ひとりの嗜好にあったお店や商品などを提案

株式会社電通国際情報サービス(以下、ISID)と株式会社UBIC子会社で人工知能によるデジタルマーケティング事業を展開するRappa(ラッパ)株式会社(以下、Rappa)は業務提携を行い、人工知能を用いた「デジタルキュレーション」の実装支援サービスの提供を開始したと発表した。

両社が提供する「デジタルキュレーション」とは、インターネット上の様々なコメントやレビューをもとに、一人ひとりの嗜好にあったお店や商品などを提案するものだ。
多数の人がそれぞれ意思を持って書き込んだコメント群を、UBICが独自に開発した人工知能エンジン「KIBIT※(キビット)」を用いて解析することにより、オススメやマッチングの精度を高められることが特長だ。
年齢や性別などの属性やランキング点数、あるいは購買・行動パターンの類似性をもとに嗜好を類推する従来の手法とは異なり、KIBITによる高度なテキスト解析によって、利用者一人ひとりの嗜好や感覚を捉え、その人だけのパーソナルなレコメンドを行うことが可能となる。

ISIDとUBICは2015年3月に本サービスの共同開発に着手し、様々なデータを用いた検証と機能開発を経て、今回のサービス開始に至った。
デジタルキュレーションサービスは、大手口コミサイトやECサイト等の運営事業者を主な対象として、個別要件に応じたシステム開発および導入支援と合わせて提供してゆくとのこと。

デジタルキュレーションサービスの活用により、サイト運営事業者は、利用者がお店や商品を選ぶ際、膨大な口コミ情報やレビューを読まなくても、その人の嗜好や感覚を覚えた人工知能が自動的にオススメを提案する、といったサービスの提供が可能となる。
これにより、ユーザー自身も気付かなかったお店や商品に出会える驚きや楽しみを提供できるようになり、サイトの活性化や利用頻度の向上などが期待できる。
例えば「本の好き・嫌い」の情報から潜在的な嗜好パターンを類推し、別な分野、例えば「好みと思われる宿」を提案するといった、ジャンルを超えたサービス提供も可能となるとのこと。

製造業や金融業など消費者視点での商品企画やサービス開発が求められる企業にも有効だ。
商品サイトやコミュニティサイトなどに集まる消費者のコメントを解析し、潜在欲求を目に見える指標として形式知化することで、新商品開発やサービス改善に役立てることが可能となる。

RappaはUBIC人工知能エンジンKIBITの提供を、ISIDは顧客企業への事業展開・拡販と個別要件に応じたシステム開発、データ検証および導入支援を担ってゆく。

出典元:PRTIMES

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-自社EC, システム, 企業戦略
-, ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.