[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]広告費支払いタイミングをずらすことでキャッシュフロー改善[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”4005″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]株式会社ロックオン(以下、ロックオン)は、GMOペイメントゲートウェイ株式会社と提携するEC-CUBE公式決済サービス「EC-CUBEペイメント」のオプションとして、集客支援サービス「リスティング広告費をまとめて請求書払いできるサービス」を販売する。

自社ECサイトの運営において、リスティング広告は親和性の高い集客施策として利用されているが、広告による売上が上がる前に広告費を支払う必要がある。事業者によってはこれがキャッシュフローの悪化を招くため、思い切った広告出稿ができないという問題があったのだという。
今回のサービスを利用することにより、広告費の支払いが翌々月末となり、キャッシュフローの悪化を心配することなく広告出稿することが可能となる。
また、Google AdWordsやYahoo!JAPANスポンサードサーチなど、出稿代金の支払い一元化もできる。

さらに、同サービスのリリースに伴い、広告入稿用のCSVが簡単に作成できる
プラグイン
も無料で配布する。
[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:ロックオン プレスリリース[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース