自社EC システム 分析

unisize、最短1分の簡単アンケートでぴったりの洋服サイズを推奨

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

アパレルECサイトの購入率・購買単価を大幅アップ、サイズレコメンドエンジン「unisize」2月8日サービス開始

通常時と比較し購入率が2.5倍、購入単価が1.3倍に大幅アップ

株式会社メイキップ(以下、メイキップ)は、2016年2月8日、アパレルECサイト向けにEC利用者の身体に合った洋服サイズを推奨するサイズレコメンドエンジン『unisize(ユニサイズ)』(以下「unisize」)の提供を開始したと発表した。
ネットで洋服を買うときに、EC利用者は実物を手に取れない分どのサイズを購入して良いか不安がつきまとう。
unisizeは、EC利用者が簡単なアンケートに答えるだけで自分に合ったお勧めのサイズが確認でき、サイズの悩みを解決することができる。
大手アパレルECサイトに先行導入した結果、通常時と比較し購入率が2.5倍、購入単価が1.3倍に大幅アップし、ECサイトの購買促進につながったとのこと。

『unisize』とは

unisizeとは、ネットで洋服を買うときに、より身体に合ったサイズを推奨するサイズレコメンドエンジンだ。
国内外の洋服ブランドを対象とした多量な洋服サイズを有し、入力されたユーザーの身体情報、特徴を元に最適なサイズを推定する独自のアルゴリズムでレコメンドを行っている。(※特許申請中)
EC利用者は身体に合う洋服や身体の特徴など、最短1分の簡単なアンケートに答えるだけで、メジャーで測ることなく自分に合ったおすすめのサイズを確認することができるという。

今後の展望

今後の展望として、「unisize」は2月よりサービス提供を開始し、2016年内に導入社数100社を目指すとのこと。
アパレル領域において未だ10%前後しかないEC化率を高めるため、サイズがわからないという理由で、ネットでお買い物ができない悩みを持つEC利用者に安心してお買い物をしていただける環境作りを目指している。

また「unisize」は世の中にある膨大なサイズデータの集積地となり、誰でもデータを用いて便利に物が買える未来を目指していますとのこと。
まずその一歩として洋服の「サイズデータ」の提供を推進してゆくという。

サイズレコメンドエンジン「unisize」概要

unisize特徴

●ECサイト利用者が自らメジャーを使って洋服を採寸することなく手軽にサイズの推奨を受けられる
①最短1分で身体に合うサイズを推奨
②洋服のサイズ感を確かめられるゲージを表示
③登録後は再度入力がいらず、バナー上で最適なサイズを表示
●ECサイトへの導入は簡単なタグ形式を採用
●採寸数など掲載レポートを提供

ご利用料金

低額な料金設定にてご提供
①初期費用、準備費用が無料
②月ごとのfit数が2,500に満たない場合、無料でご提供。料金は上限30万円まで
※unisizeは採寸された数や質によってfit数をカウント。Fit数に応じてご料金が変わるテーブル制

サイズレコメンドエンジン「unisize」利用結果

導入の結果、サイズレコメンドを受けたユーザーの購入率・購入単価にて大幅に上昇。
使用したユーザーの購入率が約2.5倍の効果、購入単価は約1.3倍の効果にて推移した。
また、利用者自体も増加し、1日あたり120ID増えている。
利用数が増えることにより、2016年2月半ばには総採寸数が6万回を超える見込みとなった。

利用結果データ

夢展望」の通常時の平均実績と比較しunisizeサービスを使ったユーザーの
①購入率は月あたり約2.5倍の効果
②購入単価は月あたり約1.3倍の効果

出典元:PRTIMES

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-自社EC, システム, 分析
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.