自社EC 物流

ヤマト運輸が「LINE」を活用

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

LINE公式アカウントで、お届け予定やご不在連絡のメッセージが確認可能に

■LINEで、お届け予定メッセージや荷物問い合わせなどの各機能の提供

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)は、1月19日より、LINE株式会社(以下、LINE)が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」で、「お届け予定メッセージ」や荷物問い合わせなどの各機能の提供を開始した。

近年のスマートフォンの急激な普及で、インターネットの利用もウェブからアプリへ急速に移行している。
それに伴い、コミュニケーション手段もEメールから、「LINE」やソーシャルメディアへと変化してきている。
「LINE」は2011年6月のサービス開始以来、若年層のユーザーを中心に拡大を続けており、国内トップのコミュニケーションアプリに成長しているという。
現在では、あらゆる世代に利用者層が広がり、個人間でのコミュニケーションのみならず、さまざまな企業やブランドの情報発信、サービス提供のプラットフォームとして確立している。

■クロネコメンバーズのクロネコIDとLINEが連携、ユーザーの利便性の向上へ

今回のサービスにより、クロネコメンバーズのクロネコIDと「LINE」が連携し、公式アカウントのトーク画面で「お届け予定メッセージ」と「ご不在連絡メッセージ」を配信する。
これにより、荷物問い合わせ、集荷・再配達の依頼や料金・お届け日検索などの便利な機能が、日常的に利用する「LINE」から利用できるので、ユーザーの利便性が大きく向上するとのこと。

今後、ヤマト運輸は「LINE」を利用したサービスを今後ますます拡充

今後、ヤマト運輸は「LINE」を利用したサービスを今後ますます拡充するとのこと。
従来、住所録を見ながら手書きをするのが当たり前だった宅急便の送り状を「LINE」で簡単に作成できるようにするとう。
また、作成した送り状をヤマト運輸の直営店やコンビニエンスストアの店頭端末、集荷にお伺いしたセールスドライバーが持つ端末などから印字できるようにし、ユーザーがストレスなく宅急便を利用できる環境を作る。
さらに、日頃から「LINE」を利用している宅急便ユーザー向けに、宅急便を“送る”“受け取る”が「LINE」の中で完結する、より利便性の高いサービスを提供してゆくという。

「LINE」で利用できるサービスは以下の通り

1、「お届け予定メッセージ」と「ご不在連絡メッセージ」
2、荷物問い合わせ
3、集荷の依頼
4、再配達の依頼
5、料金・お届け日の検索

ユーザーのメリットは、以下の通り

1、荷物を受け取るッユーザーに、お届け予定日時の事前通知や、お届け時にご不在だった場合の通知を、普段利用している「LINE」のメッセージでお知らせする。
2、上記のメッセージからお届け日時や場所を簡単に変更でき、好きな時に、好きな場所で荷物を受け取りが可能となる。
3、荷物問い合わせや集荷・再配達の依頼、料金・お届け日の検索が「LINE」から可能となる。

※「お届け予定メッセージ」と「ご不在連絡メッセージ」を受け取るには、「ヤマト運輸」LINE公式アカウントの友だちになっていただき、「LINE」とクロネコメンバーズのクロネコIDを連携する必要があります。
※各サービスをご利用いただくには、「ヤマト運輸」LINE公式アカウントの友だちになっていただく必要があります。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-自社EC, 物流
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.