自社EC 企業戦略 海外

伊勢丹シンガポールとヤマト運輸、ANACargoが越境EC事業を開始

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

シンガポールで日本の旬な食材の「お取り寄せ」モデルを実現

■日本の旬な農水産品などの食材をシンガポールの消費者まで届る「お取り寄せ」モデル

株式会社三越伊勢丹ホールディングス傘下の伊勢丹シンガポール(以下、ISETAN(S))とヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)、ならびに株式会社ANACargo(以下、ANACargo)は、1月9日(土)より、ISETAN(S)のECサイトである「I ONLINE」上で、越境ECサイト「ISETAN JAPAN DIRECT」を新設し、日本の旬な農水産品などの食材をシンガポールの消費者まで届る「お取り寄せ」モデルをスタートした。

■近年、東南アジアのEC市場は、世界で最も速いペースで成長

近年、東南アジアのEC市場は、インターネットの普及に伴い、急成長を遂げ、世界で最も速いペースで成長している市場となっている。
なかでもシンガポールは、東南アジア随一の経済力を背景に、ECを通して高品質な日本の農水産品などの食材を「お取り寄せ」したいというニーズが高まっているとのこと。

■ニーズの開拓や販売チャネル拡大を推進

ISETAN(S)は、2009年にECサイト「I ONLINE」を立ち上げた。
2016年で創業44年目を迎えるシンガポールで最も歴史のある日系百貨店として、今後更に高まる高品質な日本の食材に対するお客様からの要望に応えるため、ニーズの開拓や販売チャネル拡大を推進しているという。

ヤマト運輸とANACargoは、2014年5月にパートナーシップを強化、沖縄国際物流ハブを基点としたビジネスモデルの拡充をはじめ、日本全国の農水産品のアジアへの販路拡大や、越境ECによる「お取り寄せ」モデルを具現化するなど、新たな市場の開拓に取り組んでいる。

ISETAN(S)・ヤマト運輸・ANACargoは、越境ECサイトでの高品質な日本の農水産品などの販売とシンガポールへのスピード輸送を実現し、日本の事業者・生産者の販売機会の創出と、シンガポールで新鮮な日本食を食べたいというニーズに対応してゆくとのこと。

取り組み概要

■越境ECサイトを新設
ISETAN(S)が「I ONLINE」上に越境ECサイトとして「ISETAN JAPAN DIRECT」を新設し、シンガポールの消費者が気軽に日本の高品質な食材を購入することが可能になる。

■日本の旬な食材をスピード輸送
ヤマト運輸とANACargoが提供する国際間の小口保冷輸送サービス「国際クール宅急便」などの輸送サービスを通して、高品質な日本産品をシンガポールの購入者のご自宅まで、出荷から最短翌々日の午前中に新鮮なまま届ける。
なお、購入者の要望に応じて、最短翌日にシンガポールヤマト運輸の営業所で受け取ることも可能とのことだ。

■今後の展開
シンガポールの消費者が、より多くの日本産品を購入できるよう「ISETAN JAPAN DIRECT」の商品ラインナップを充実させてゆく。
また、ISETAN(S)の店頭において、定期的に日本産品の試食会などのプロモーションイベントを実施し、日本産品の輸出拡大に取り組んでゆくとのこと。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-自社EC, 企業戦略, 海外
-, , ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.