自社EC システム

シュッピン、新機能リリース 2回目以降の買取・下取りがスムーズに

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

2回目以降の取引を簡素化し、リピーター促進へつなげる

シュッピン株式会社(以下、シュッピン)は、同社が運営する公式サイトにて、2回目以降の取引において本人確認書類提出が不要になる新機能「買取リピーター」をリリースした。

シュッピンは、新品・中古の高級時計やカメラなどを買取・販売する「GMT」、「Map Camera」など計4つのECサイトを運営している。
これまで古物営業法により、非対面で買取・下取りを行う際は本人確認および住所確認が必要だったため、住民票の送付や本人確認書類に記載のある住所に宅配業車が集荷に行く必要があった。
今回の機能では、ECサイトで取引が完了すると、ユーザー専用のID・パスワードが発行される。2回目以降の取引の手続を簡素化し、リピーター促進を行う意向だ。

・本人確認書類の用意や、住民票を取りに行く手間とコストが削減されます。
・本人確認書類の入れ忘れがなくなるため、スムーズな取引が可能になります。
・IDとパスワードはシュッピンが運営する専門店をまたいで利用可能です。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-自社EC, システム
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.