ユーザーの「感性」を学習し、最適なコーディネートを提案

カラフル・ボード株式会社(以下、カラフル・ボード)が運営するファッション人口知能「SENSY(センシー)」がEC用の接客サービスを開始した。
第一号として、株式会社イケガミが運営する、自社ブランドのアパレル用品を取り扱うECサイト「IKG crossing」に導入した。

「SENSY」は、ユーザーのファッションセンスを学習していく人口知能アプリで、表示される洋服から好きなものを選択していくことにより、ユーザーの「好み」を分類する。その学習内容をもとに、世界中のECサイトから、ユーザーの感性に沿ったコーディネートを提案してくれる。
また、モデルやタレント、スタイリストなどの人口知能も公開されているほか、ファッションのトレンドも自ら学習する。

ファッションECサイトに訪れたユーザーに人口知能で接客

この「SENSY」を使って、サイトに訪れたユーザーに対して、1人1台の人口知能を作り、購入までのサポートを行う。
まずは、ユーザーにヒアリングをし、サイト上の商品から最適なコーディネートやアイテムを提案する。また、実店舗との連動や、ブランドをまたがってのコーディネート提案も可能だ。
販売スタッフやモデルの人口知能による提案接客も実装予定だという。

出典元:Dream News

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]