自社EC マーケット

外国人向け日本食レストラン予約サイト「Tokyo Dinner Ticket」がサービス開始

更新日:


外国人観光客に出会ったことのない日本食を紹介

■外国人観光客に出会ったことのない日本食を紹介、予約までサポートすることで食の体験を豊かにするサービス

株式会社フレンバシー(以下、フレンバシー)は、新たに外国人観光客向けの飲食店予約サイト「Tokyo Dinner Ticket(東京ディナーチケット)」のサービスを開始した。
都内の日本食飲食店に特化し、外国人観光客の使い易さにこだわったサービス設計で新しい日本食市場を開拓。増加するインバウンド(訪日客)需要を見込み、年間利用者50万人を目標とする。

訪日外国人は近年急速に増加しており、2015年は1,900万人(前年比142%)に達する見込みとなっている。
しかし、現在まで定番の寿司・天ぷらだけではなく、焼き鳥・串揚げ・おでんなど、さまざまな「日本食を楽しみたい」というニーズに対し、外国人観光客が自分で手軽に飲食店を予約ができるサービスはなかったとのこと。
Tokyo Dinner Ticketは、まだ外国人観光客が出会ったことのない日本食を紹介し、予約までサポートすることで食の体験を豊かにするサービスだという。

■「今日か明日の夕食」「コース料理」にしぼったシンプルなサービス

「Tokyo Dinner Ticket」では、予約は「今日か明日の夕食」、メニューも「コース料理」のみ。忙しい外国人観光客でも簡単に選ぶことができる。
コース料理の内容は写真付きで説明があり、どんな料理が食べられるかイメージしやすくなっている。
事前にコース内容を決定しているのでお店で迷うこともありません。

■「外国人観光客を集客したい」という店側のニーズともマッチ

事前にコースが決められているため、英語ができなくても店側は対応が可能となるとのこと。
「英語ができる店員がいない」「英語のメニューがない」という日本食店でも、外国人観光客を受け入れることができるという。

「Tokyo Dinner Ticket」の、サイトデザインは、日本食の写真をメインに構成されており、直観的でわかりやすくなっている。
訪日外国人観光客が増加する中で、より日本の観光を楽しんでもらえるよう、今後、予約可能な店舗数の増加が期待される。

出典元:PRTIMES

関連ニュース


-自社EC, マーケット
-, ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.