自社EC システム 分析

感情を解析する人工知能のEmotion Intelligenceがソフトバンク・テクノロジーと共同事業・研究に合意

投稿日:


共同事業の第1弾、世界初の感情と 行動データのリアルタイム連携サービス「Emotion i」を発売

■「意思と行動」をつなぎ合わせた デジタルマーケティング

Emotion Intelligence株式会社(以下 emin)とソフトバンク・テクノロジー株式会社(以下 SBT)は、2015年11月6日に、eminが保有する感情知能「Emotion I/O(R)」と、SBTが保有するWebコンサルティング・分析サービス「SIGNAL」を中心とした技術を利用した共同事業・研究に関する基本契約に合意した。
また、同日より、「Emotion I/O」を利用して、Webサイト来訪者の行動を0.03秒ごとに蓄積し、機械学習により感情データとして抽出して行動データとリアルタイムに連携させるデジタルマーケティングサービス「Emotion i」の提供を開始という。

 

eminとSBT、業務提携の目的

■リアルタイムで取得し難い「感情そのもの」の様子も高い精度で類推

eminでは、Webブラウザ上のユーザー行動をリアルタイムに解析・パターン認識し、ユーザー行動を高い確率で予想する感情知能「Emotion I/O」を提供する。
人工知能を活用した「Emotion I/O」は、大量のユーザー行動のデータを統計的に取り扱うことで、リアルタイムで取得し難い「感情そのもの」の様子も、かなりの高い精度で類推することができるという。

一方SBTでは、SIerとして様々な業種・業態に対して豊富なシステム開発の実績、デジタルマーケティング領域において10年以上のソリューション提供、200社以上への導入・支援実績がある。
また、お客様のビジネス課題解決を、オンラインとオフライン双方のデータの分析・活用を支援する実績豊富なコンサルタントとデータサイエンティストが多数在籍している。

eminとSBTは、eminが保有する感情知能「Emotion I/O」とSBTが保有するWebコンサルティング・分析サービス「SIGNAL」を中心とした技術を融合することで、デジタルマーケティング市場ニーズに合わせたサービスの拡充とデジタルマーケティング市場における競争力を高めることに繋がると判断したため、業務提携契約を締結するに至ったとのこと。

業務提携の内容:感情知能「Emotion I/O」を活用したデジタルマーケティング共同事業内容

(1) eminが保有する感情知能「Emotion I/O」とSBTが保有するWebコンサルティング・分析サービス「SIGNAL」を中心とした技術を融合した消費者の意思と行動をつなぎ合わせた精度の高いデジタルマーケティング手法の共同研究およびサービス開発。

(2) 両社の持つ営業基盤を活用して共同開発したサービスおよび、双方のサービス・製品に関して顧客の獲得や深耕。

開発背景

■パーソナライズを実現可能にしたインテンション型のデジタルマーケティングサービス

現在、マーケターは、生活者が広告を見る確率や広告をクリックする確率といったWebサイトに流入してくる指標は、機械学習などで予測が可能だが、サービスや商品を購入する確立やサービスを利用し、再び取引が発生する確立などは機械学習による予測ができない状況にあるとのこと。
このため、購入確率などの予測については、多くの企業で、マーケターや分析官による分析や仮説に依存しており、目標達成度合いを図る定量的な指標(KPI)を達成できるかどうかの予測作業にリソースを投入せざるを得ない状況となり、最大のミッションである戦略立案、実行、分析、改善といったコア業務に集中することができなかった。

このような背景から、生活者の意思を機械学習によって予測し、予測データをリアルタイムに施策に反映することで、マーケターが予測作業から解放され、生活者の意思を反映し、パーソナライズを実現可能なインテンション型のデジタルマーケティングサービスとして、「Emotion i」をSBT社と共同で開発した。

両社は、Emotion iにより、Webサイトに訪問した生活者に関するさまざまな情報と、お客様の感情データをリアルタイムに組み合わせることによって、今まで以上にパーソナライズが可能で、確度の高いマーケティング施策を実現できる環境を構築し、感情データを用いて下記のような価値を提供することで、世界初の感情データを利用したデジタルマーケティングに導くという。

Emotion i 3つのVALUE/概要

<効果的なマーケティング>

・機械学習により、購入確率が予測できることで予測作業が大幅に軽減。
・感情データのリアルタイム利活用により、サイト内施策、広告施策において、購入確率が高いユーザーにのみ施策実行することで施策効果の最大化に繋がる。

<オペレーションからストラテジーへ>

・日々生み出される膨大な感情データから、感情知能によってリアルタイムに気付きを与える。
・人にしかできない戦略(収益向上、LTV向上など)に必要な時間を生み出す。

<超高速PDCAサイクルの実現>

・分析アルゴリズムの独自性、正確さが担保された技術で、高速処理技術(1秒以下)により施策利用への機会損失を低減。

「Emotion i」の機能と価格

eminが提供するEmotion I/Oという感情知能エンジンは、0.03秒ごとにユーザーの迷いをトラッキングし、ユーザー行動から感情を自動判定する。
Emotion iは、これらの感情データを、タグを埋め込むだけで、アクセス解析やA/Bテストツール、CMSなどのデジタルマーケティングツールとの連携を提供する。

本サービスにより企業は、生活者の行動データや趣味・趣向などの属性データと、感情データを組み合わせたマーケティングが可能になり、個別のお客様ごとに最適化を図ることが可能になるという。

関連ニュース


-自社EC, システム, 分析
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.