自社EC オムニチャネル

セブン&アイ、「omni7」を11月にグランドオープン

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

2018年には、オムニ売上高1兆円を目指す

・新しい買い物スタイルの提案
「omni7」は、コンビニエンスストアや百貨店、スーパー、専門店等、さまざまな業態を有するセブン&アイグループだからこそ実現できる、欲しい時に、あらゆる商品・サービスをご利用することが出来る新しい買い物スタイルだという。

・約600万品目の品揃えを目指す
ライフスタイルが多様化する中、「omni7」により、業態を超え、リアルな店舗のみならずネットでのお買い物においても安心・安全な新たな買い物を体験できるようになるという。
『omni7』では、オリジナル商品を中心に、2018年度には約600万品目の品揃えを目指すとのこと。

・商品の受取り、返品・返金等のサービスを幅広く実施
また、全国に約18,000店を展開するセブン‐イレブン店舗をさらに身近な利便性の高い生活拠点とすべく、商品の受取りを始め、返品・返金等のサービスを幅広く実施してゆく。

「omni7」サービス概要

・サービス名称:『omni7』(オムニセブン)
・利用開始日:2015年11月1日(日)グランドオープン
・主な新サービス:
①留置きサービス拡大
②店舗での返品・返金サービス、
③店舗でのお急ぎ受取りサービス(※関東1都6県、約7,000店)
④店舗への365日配送(※関東1都6県、約7,000店)
⑤店舗での接客端末による御用聞き(※当初6,000店、順次拡大)

・独自サイト開設企業:
セブン‐イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武、ロフト、赤ちゃん本舗、セブンネットショッピング、セブン&アイ・フードシステムズ、セブンカルチャーネットワーク
合計:8社

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-自社EC, オムニチャネル
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.