自社EC システム

EC-Orange POS、「楽天スマートペイ」との連携開始

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

「キャッシュレス決済」による商取引の活性化や新規ビジネスの創出をめざして

EC、小売業向け開発・ソリューションを提供する株式会社エスキュービズム・テクノロジー(以下、Sテック)は、同社のタブレットPOSシステムを使ったサービス「EC-Orange POS」において、楽天のスマホ決済サービス「楽天スマートペイ」との連携をスタートした。

これにより「EC-Orange POS」を利用している店舗は、同サービスでのクレジット会計金額が「楽天スマートペイ」のアプリへ自動表示されるようになる。
都度金額の入力をする必要がなくなり、運用負担の軽減、金額の誤入力防止を実現するという。
また、「Visa」「MasterCard」「JCB」「American Express」「Diners Club」「Discover」に対応。決済手数料を一律3.24%で提供する。

Sテックは、経済産業省から、オリンピック等に向けて「キャッシュレス決済」を推進していくとの発表があったことから、同サービスの需要が今後さらに増えていくと予想している。この「キャッシュレス決済」により、商取引のさらなる活性化や、新たなビジネスの創出を促進していく意向だ。

「EC-Orange POS」、「楽天スマートペイ」の特徴

1.「EC-Orange POS」 特長
Sテックが提供する「EC-Orange POS」は、iPad®やWindows® 8タブレットなどのスマートデバイスで、POSレジ業務を行うことのできるPOSシステムで、 飲食店や小売店・チェーン店を中心に日本全国4,500店舗以上(*1)のお客様にご利用いただき、市場シェアNo.1も獲得しました。(*2)
飲食店でのオーダーや、小売店でのレジ・会計はもちろん、接客対応、在庫管理のほか、ECサイトと店舗間で在庫・売上情報を連携することでO2O・オムニチャネル戦略にも活用できます。

2.「楽天スマートペイ」特長
(http://smartpay.rakuten.co.jp/)
・月額・維持費用無料
・クレジットカード主要国際6ブランドに対応
※対応ブランド:「Visa」「MasterCard」「JCB」「American Express」「Diners Club」「Discover」
・事業規模や業種を問わず、6ブランド全ての決済手数料が一律3.24%で利用可能
・365日翌日自動入金(楽天銀行の口座を指定した場合)
※楽天銀行以外の口座でも入金指示毎に翌営業日に入金が可能
・ICチップ&暗証番号(チップ&PIN)に対応したカードリーダー
・楽天スマートペイに関わる決済システムは情報保護の国際基準「PCI DSS」準拠認定取得

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-自社EC, システム
-, , ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.