自社EC 企業戦略

NTTデータ マレーシアのiPay88社を子会社化

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

APAC地域全般でのペイメント事業の拡大を目指す

株式会社NTTデータは、子会社のNTT DATA Asia Pacific Pte. Ltd(以下、NDAP)を通じ、マレーシアにおいてPCおよびモバイルを通じたEC 決済代行事業における最大シェアを持つiPay88 Sdn. Bhd(以下、iPay88社)と、同社の株式を取得し、子会社化することで合意と発表した。

本提携で、NTTデータは、成長するAPAC市場におけるEC決済ビジネスの足掛かりを獲得する。
NTTデータは、CAFIS®等で培ってきたペイメント分野のソリューションやノウハウと、iPay88社の強みである加盟店および金融機関向けの決済代行事業や強固な顧客基盤を組み合わせた、各種決済サービスの提供を目指す。
これにより、マレーシアを含むAPAC地域全般でのペイメント事業について、一層の拡大を目指すとのこと。

背景

NTTデータグループは、中期経営計画の注力分野として「グローバルビジネスの拡大・充実・強化」を掲げ、海外での事業拡大に積極的に取り組んでいる。
また、NTTデータのコア事業の一つであるペイメント分野でも、成長が見込まれるAPAC地域を中心に積極的な事業拡大を進めている。

現在、APAC地域におけるECは成長市場であるとともに、EC決済代行事業にとっても魅力的な市場となっている。
また、日本国内企業のAPACにおけるクロスボーダー取引高も年々増加しており、今後もAPAC地域でのビジネス展開が加速する事が予測される。

NTTデータは、今までAPACのペイメント分野において、2011年にベトナムで決済端末を使用した請求書払いサービスの開始している。
2012年にはタイにて、金融機関向けカード業務処理ビジネスへ参入、そして2014年にはASEANの決済基盤となるAsian Payment Network(APN)に参画するなど、APAC各国の状況に合わせた決済ビジネスの展開と、APAC全体を睨んだビジネスの展開をしてきた。

今回、今後さらなる活性化が期待されるマレーシアおよびAPAC市場におけるEC決済ビジネスの足掛かりを築くとともに、CAFIS等で培ってきたペイメント分野のソリューションやノウハウをベースに先進的かつ競争力のある各種決済サービスを提供するために、マレーシアにおいて強固な顧客基盤を持ち、EC向け決済代行事業を強みとするiPay88社を子会社化するとした。

iPay88社について

iPay88社は、マレーシアで加盟店および金融機関向け決済代行事業を提供する独立系事業者として、マレーシア国内のEC市場において取扱高、顧客数ともにトップシェアを誇り、確固たるポジションを築いている。

加えて、APAC地域の消費者は、クレジットカード、ダイレクトデビット、プリペイドなど多様な決済手段を利用する傾向があるが、iPay88社は、APAC全域をカバーしているため、加盟店のAPAC地域への事業展開にも貢献している。
また、多様な決済代行処理機能の創出、およびスマートデバイスを用いた決済手段の展開など、APAC市場におけるさらなる事業拡大を目指している。

NTTデータは保有するCAFISを中心とした豊富なITソリューションと、iPay88社が有する加盟店および金融機関向けEC決済代行システムを組み合わせることにより、今後さらなる拡大が想定されるマレーシアEC市場、およびAPAC地域におけるペイメント分野でのビジネス拡大に向けた事業シナジーを見込んでいるとのこと。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-自社EC, 企業戦略
-, , ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.