自社EC

塚田農場、新EC事業「agrii」をスタート 生産者の六次産業化を応援

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

「日本中の旅先からおいしいが届く」頒布会スタート

居酒屋「塚田農場」などを経営する株式会社エー・ピーカンパニー(以下、エー・ピーカンパニー)が新しくEC事業に参入、「agrii(アグリー)」というECサイトを立ち上げた。

「agrii」は、日本中で出会ったこだわりの食品と、それらを使った料理のレシピなどが掲載されたムック本「agrii note」が、毎月一緒に送られてくる。
箱に詰められた食品は、そのままでも食べられるほか、一手間加えれば一品が完成するようにセレクトされているという。月額定額3,800円(税込、送料別)。

また、今回のサービス開始を皮切りに、2017年には生産者とともに食品のPB商品(プライベートブランド)の展開、2019年には生産者自身が生産、加工した商品を販売できるプラットフォームを立ち上げる予定。生産者の六次産業化を応援する。

EC事業立ち上げの背景と目的

生産者の課題を解決する

居酒屋「塚田農場」を運営する中で生まれた、多くの生産者との交流の中で、販売に関する慢性的な課題を感じていることがわかりました。
居酒屋の運営だけでなくEC事業を販売チャネルの拡大を図ることで生産者が抱える課題を解決できる手法が増えるのではないかと思っています。

生産者の六次産業化を応援する

六次産業とよばれる領域の中ですでに六次産業を実現している生産者の方や、これから実施予定の方も多数存在しています。
しかし多くの場合、三次産業領域(販売)において明確な販路を持たないため、既存のマーケットに流通しない商品もあります。
そのような生産者が直接販売できる プラットフォームを提供することで「生産者自身売り先を選択できる」状態を作り出し、生産者自身が販売できる機会の創出を目指したいと思っています。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-自社EC
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.