自社EC システム

「KARTE」がネットショップ構築サービス「MakeShop」と連携開始

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

2万店舗以上の導入実績を持つ「MakeShop」で「KARTE」が利用可能に

株式会社プレイドは、同社が提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」において、GMOメイクショップ株式会社が提供するネットショップ構築サービス「MakeShop(メイクショップ)」との連携を9月より開始した。

2万店舗以上の導入実績を持つ「MakeShop」で「KARTE」が利用可能に

「KARTE」は、ウェブサイトに数行のコードを埋め込むだけで、来訪者の特徴や行動をリアルタイムに解析し可視化することができ、個々の来訪者にあわせたメッセージ配信などを可能にするサービス。これまでにないリアルタイム解析を実現したことにより、利用者がサイトから去ってしまう前に、必要な情報を適切なタイミングで自動的に提案することができる。

「MakeShop」は、国内2万2,000店舗以上の導入実績を持つネットショップ構築サービスで、2014年の全店舗の年間総流通額は1,291億円に達している。
今回の連携により、「KARTE」が「MakeShop」のプレミアムショッププランをご利用の店舗に簡単に導入できるようになった。

「KARTE」は「MakeShop」が提供するAPIと連携し、会員情報とその他のデータを一元管理することを可能にした。
これにより、来訪者の閲覧ページ・訪問回数・遷移ページ数などのアクセス情報や、購入商品・購入金額などの購買情報だけでなく、氏名・性別・誕生日・ポイント・登録住所の都道府県などの会員情報などが「KARTE」により来訪者単位で把握することができ、過去の情報から来訪中のその瞬間の行動までをもとにした接客を可能にする。

プレイドとGMOメイクショップは、今後「MakeShop」を利用する店舗が、「KARTE」をより簡単に導入できるよう、連携を強化する方針だという。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-自社EC, システム
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.