[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]ディノス・セシール、ジェネレーションパスと業務提携[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”3020″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]株式会社ディノス・セシール(以下、ディノス・セシール)と株式会社ジェネレーションパス(以下、ジェネレーションパス)は、平成27年8月7日付で、中国越境インターネット事業(以下、中国EC事業)に関する業務提携について基本合意書を締結したと発表した。

両社は、中国EC市場への円滑な参入を実現させるため、中国EC事業に関する協業関係を構築することだ。
基本合意の内容は、平成27年6月16日に発表した通り、Charoen Pokphand(チャロン・ポカパン) Group Limitedのグループ会社より第三者割当増資を受け行う中国EC市場への進出に伴い、提携する日本国内の最初の企業として、ディノス・セシールと基本合意する運びとなった。

ディノス・セシールは、主にカタログ・テレビ・インターネット等によるファッション・インテリア・美容健康商品等の通信販売事業を行う企業だ。
今回の業務提携により、ジェネレーションパスが中国EC市場へ進出する際のEC店舗の立ち上げから、運用までを行ってゆく。

中国EC市場への進出へは専門的な知識が必要であり、他企業のサポート受けながら進出するのが望ましいといえる。
ディノス・セシールが、中国市場へどのように受け入れられるかが注目される。

 

[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/1″][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:ジェネレーションパス IRニュース[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース