自社EC 企業戦略

ウェブ接客「KARTE」を提供するプレイドが5億円を調達

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

累計ユニークユーザー数は2億人を超え、サービス開始から毎月40%増の成長

ウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」を提供する株式会社プレイド(以下、プレイド)は、Fidelity Growth Partners Japanと既存株主であるフェムトグロースキャピタル投資事業有限責任組合が共同で運営を引受先とする第三者割当増資を実施し、5億円を調達したと発表した。
これにあわせて、デービッド・ミルスタイン氏が社外取締役に就任した。

「KARTE」は、リアル店舗で当たり前のように行なわれている「相性とその状況にあわせた接客」をウェブサイトでも可能にするサービスだ。
来訪者を解析し可視化することで、一人ひとりの特徴に合わせた様々なメッセージ配信が可能だという。

クローズドβ版として2014年9月からサービスを提供しており、2015年3月にサービスを正式に開始した。
これまでに解析した累計ユニークユーザー数は2億人を超えており、サービスを開始した3月から毎月40%増の成長を遂げている。
また、ECサイトをはじめ、有名サイトに続々と導入されている。

プレイドにとって、2度目となる今回の資金調達となる。
今後はサポート体制の強化、開発体制の増強を中心に行い、プロダクト全体のパフォーマンス向上を目指すという。
また、グローバル展開を見据えた準備も進めてゆくとのこと。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-自社EC, 企業戦略
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.