自社EC マーケット

国内ソーシャルログイン利用率はYahoo! JAPAN IDが56.5%でシェアNo.1

更新日:


ソーシャルログイン利用者の6割がモバイルユーザーという結果に

株式会社フィードフォース(以下、フィードフォース)は、国内導入実績No.1のソーシャルログインASPサービス「ソーシャルPLUS」にて、日本国内におけるソーシャルログイン利用状況調査を実施した。

調査の結果、日本国内でのソーシャルログイン利用率は、2014年9月に実施した前回調査時と同様に、Yahoo! JAPAN IDが56.5%で国内シェアNo.1となった。
続いてFacebook 22.1%、Google+ 17.8%、Twitter 3.1%、mixi 0.5% となっている。*1
また、利用デバイスの割合では、ソーシャルログイン利用者のうち62.6%がモバイル、37.4%がPCという結果になった。*2

今回の調査結果から、日本国内ではYahoo! JAPAN IDが最もソーシャルログインに利用されており、ソーシャルログイン利用者のうち約6割がモバイルユーザーであることが判明した。
実際に、ソーシャルログインを導入したことでスマートフォンでの新規会員登録率が38%向上するという効果 *3 も出ていることから、サイトの利用者数増加やパフォーマンス向上においてソーシャルログイン導入が重要な手段になっていくと考えられる。

*1, 2: ソーシャルPLUSを導入しているサイトのソーシャルログイン利用率。2015年5月調査
*3: ソーシャルPLUSの導入効果実績より

■全体のソーシャルログイン利用率

■業界別利用率(ECサイトのソーシャルログイン利用率)

■業界別利用率(メーカーサイトのソーシャルログイン利用率)

■業界別利用率(メディアサイトのソーシャルログイン利用率)

■ソーシャルログインの利用デバイスの割合

モバイル上でのユーザー獲得の重要度が増す今、ソーシャルログインは必須機能に!

今回の調査結果から、ソーシャルログイン利用者の約6割がモバイルユーザーであることがわかった。
手元の細かな操作が必要なスマートフォンにおいて、会員登録やログインの手間が省けるソーシャルログインはユーザーにとって利便性が高いため、モバイル上で利用される機会が増えていると考えられる。

また、最近では、LINEアカウントを使用したログイン機能を組み込むためのプラットフォーム「LINE Login Platform」がオープン化しており、今後はモバイル上でのユーザー獲得機会を拡大する重要な手段として、ソーシャルログインに大きな注目と期待が集まっていくことが予想される。

ソーシャルログインとは?

「ソーシャルログイン」とは、FacebookやTwitter、Yahoo! JAPAN等の外部サービスのアカウント情報を活用して、サイトに会員登録やログインができる機能だ。
会員登録時のエントリーフォームを入力する手間や、IDやパスワードを管理する手間が省ける。
ユーザーの利便性が向上することで、サイトの会員登録率の向上や離脱防止、再ログイン率の向上が見込めるため、様々な業種の企業サイトで導入が普及している。

関連ニュース


-自社EC, マーケット
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.