[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]

平均66%以上にのぼるカート離脱の回避に期待

[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large” images=”2378″][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]株式会社フューチャーショップ(以下、フューチャーショップ)が提供するEC構築支援のプラットフォーム「FutureShop2」で、「Amazonログイン&ペイメント」が利用可能になる。

Amazonログイン&ペイメントは、自社サイトにてAmazonのアカウントでログイン・決済ができるサービス。
(関連記事:他サイトでもAmazonアカウントで決済ができる「Amazonログイン&ペイメイント」提供開始

FutureShop2を利用するECサイトにて調査を行ったことろ、カート離脱率は平均66.17%にのぼるという。

主な原因としては、送付先の入力が煩雑であること、クレジットカード情報の入力に対する不安などが挙げられる。

同サービス導入により、Amazonのアカウントを持つ購入者は、Futue Shop2で構築された他のサイトで買い物をする際も入力の手間が省ける。

ECサイトを運営する事業者にとっては、カートの離脱率を下げ、コンバージョン率を向上、また新規会委員登録の促進が期待できる。

サービス申込は7月1日より、実際の提供は9月1日より開始予定。

[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:フューチャーショップ ニュースリリース[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース