[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]カタログに対応した画像認識アプリ「髙島屋カタログスキャン」
[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”1447″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]高島屋は、同社が発行するカタログに掲載されている商品画像にスマートフォンのカメラをかざすと、自社ECサイトの商品詳細ページに遷移するアプリ「髙島屋カタログスキャン」の配信を開始した。

商品はそのままECサイトで購入することができるため、わざわざ店舗に出向いたり、改めてECサイトで検索する手間が省け、利便性が向上するという。

まずは、2015年のバレンタイン特集から対応を始めていく。

高島屋はオムニチャネル化を推進しており、商品在庫や顧客情報を一元管理することで、店舗とネットの品ぞろえの共通化や相互利用の拡大を目指し、インフラを整えていく。
今回のアプリはその取り組みの一環だという。

[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]NECの画像認識技術を採用
[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/1″][vc_column_text]「髙島屋カタログスキャン」は、NECの画像認識技術「GAZIRU(ガジル)」を活用して開発。
Android、iOS共に対応。
カタログの商品画像データは、NECのクラウド上に登録されており、本アプリで認識し抽出した画像の特徴データのみをインターネット経由で送信することにより、カメラを商品にかざすと瞬時に照合し、結果が表示される。
[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:TAKASHIMAYA news & topics[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース