自社EC システム

マガシーク、着用画像を立体的に閲覧できる「疑似3Dブラウザ」を試験導入

更新日:


コーディネート画像をさまざまな角度から閲覧

マガシーク株式会社(以下、マガシーク)は、同社が運営する通販サイト「OUTLET PEAK(アウトレットピーク)」にて、左右に回転して多方向から立体的にコーディネート写真を見ることができる「疑似3Dブラウザ」を一部の商品画像に導入しはじめた。

「疑似3Dブラウザ」は、マウスをクリック、もしくはタッチパネルの画面をスワイプして画像を回転させ、様々な角度からコーディネートを見ることが可能。

ファッション通販サイトでは試着が出来ないため、商品画像が特に重要視される。
この技術を活用することで、「より立体的に、かつよりたくさんの画像が見たい」というユーザーのニーズに答えることができるという。

ヤフー協力のもと特殊機材不要の新技術を採用

「疑似3Dブラウザ」は、ヤフー株式会社の技術協力を得て実現した。
専用のターンテーブルや、3Dスキャナー等の特殊機材を使用せずに様々な角度からの撮影が可能。

街角や自然の中など、どこででも撮影ができ、その場所の背景をつけたまま様々な角度から臨場感あふれるコーディネート画像を見ることができる。

また、PCとモバイルの主要なWebブラウザに対応しており、サイトに訪れるほとんどのユーザーが閲覧可能だという。

関連ニュース


-自社EC, システム
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.