送金手数料0円、相手の口座情報不要で、LINE友だちへの個人間送金や割り勘を実現

LINE株式会社は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE」の新たな機能として、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を公開した。

ユーザーは銀行口座振替・コンビニエンスストア・Pay-easy(ペイジー)での支払いを通じた事前チャージ(手数料無料)か、クレジットカードで支払い登録をすることで利用できる。
銀行口座振替は、提携する、みずほ銀行および三井住友銀行のネット口座振替サービスと連携しており、LINE Payで銀行口座振替の登録を行うと、いつでもどこでもチャージから送金・決済まで行うことが可能となっている。

店舗は決済手数料0%で導入可能

LINE Payでは今後、外部のECサイト事業者を中心に、LINE Pay決済対応加盟店の拡大を図っていく。特にECサイト事業者においては、LINE Pay決済を導入することにより、購入者に対して会員登録やクレジットカード情報などの登録を求める必要が無くなるため、ユーザーの決済手続きの手間を省くことができる。

また、加盟店手数料は、導入から2年間は月間決済額100万円まで0%で利用でき、100万円超えた分については物販が3.45%、デジタルコンテンツが5.5%を基本とし、国内主要ID決済サービスよりも格安の料率で利用ができる。なお、導入店舗向けLINE Payサービスサイトを近日中に公開予定となっている。

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]