LINEのトーク機能を活用したオムニチャネル化

日本テレビ放送網株式会社(以下、日テレ)は、同社が運営する通販番組「日テレ ポシュレ」に、トランスコスモス株式会社(以下、トランスコスモス)が提供する「オムニチャネルサポートPowered by LINE ビジネスコネクト」を採用した。

同サービスは、企業アカウントと友だちになれば、LINEのトーク機能で、問い合わせなどができ、双方向によるコミュニケーションが可能。

「日テレ ポシュレ」に導入したところ、テキストや画像でのやりとりも可能なため、商品確認をスムーズに行えるようになったほか、コンタクトチャネルの分散化により入電数の削減にも繋がった。

また、友達追加をしたユーザーの7割とコンタクトができ、問い合わせがあった半数のユーザーに購入ページを紹介するなどの成果をあげたという。

テレビ放送は、放送時間が深夜になることや、電話が集中すると対応しきれないことがある。
日テレでは、新たな顧客層の取り込みを検討しており、同サービスが問題解決に繋がるとしている。

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]