Facebookでの購入経験者およびスマホからの注文が約半数

ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」をてがける株式会社Asia Plus(以下、Asia Plus)は、「ベトナムのEC市場に関する消費者調査」を実施した。
調査対象となったのは、ホーチミン・ハノイと、都心部在住の18〜39歳のベトナム人だ。

ECの利用経験があると回答したのは67%、その中で月に1度程度ECを利用するユーザーが34%含まれる結果となった。
また、EC利用経験があるユーザーのうち、47%と非常に多くのユーザーがFacebookでの商品の経験があることがわかった。

さらにEC利用に使用するデバイスをスマートフォンと回答したユーザーが48%を占め、ベトナムでの急速なスマートフォンの普及とモバイルショッピングの利用成長を裏付ける結果となった。

よく購入されている商品カテゴリは、ファッション、IT/携帯電話、調理器具/家電など。女性は、ファッション、調理器具/家電、化粧品に感心が高く、男性の間ではIT機器、ファッションなどのカテゴリが人気がある。

代引き決済注文の多さがキャンセル率を高める要因に

EC利用経験があるユーザーのうち、注文後にキャンセルをしたことがあると回答したユーザーが35%とキャンセル率の高さが課題であることがわかった。
キャンセル理由は「商品に問題があった」「購入後に気が変わった」など。
キャンセル率が高い背景として、85%のユーザーが「配達時の現金代引き」を決済方法に選んでいるため、商品受け取りまでにキャンセルが可能な環境にあることが考えられるという。

出典元:Q&Me

関連ニュース