マーケット システム 分析

CCCマーケティング、購買傾向を用いた広告配信を開始

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

WEB行動データだけでは実現できなかった広告配信が可能に

■CCC及びCCCマーケティングが保有する実購買行動広告を利用した配信サービス

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下、CCC)の100%子会社であるCCCマーケティング株式会社(以下、CCCマーケティング)は、AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社(以下、AOLプラットフォームズ)との間で、同社が提供するデマンドサイドプラットフォーム(以下、DSP)「ONE by AOL」において、CCC及びCCCマーケティングが保有する実購買行動から推計したカテゴリデータを用いた広告配信サービスを提供することで提携した。
AOLプラットフォームズは、この広告配信サービスの提供を、2016年2月初旬を目途に開始するという。

■WEB行動データだけでは実現できなかった広告配信が可能に

本広告配信サービスでは、CCC及びCCCマーケティングが保有する実店舗の購買行動から推計した「興味/関心カテゴリ」や性別・年代別といった「デモグラフィックカテゴリ」を作成し、「ONE by AOL」を通して広告配信に活用することができるという。
これにより今までのWEB行動データだけでは実現できなかったカテゴリを生成して広告配信することが可能になる。

申込開始は、2016年1月6日(水)から受け付けを開始し、提供開始は2016年2月2日(火)開始を予定している。

AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社について

AOLプラットフォームズ・ジャパンは、AOL Advertising Inc.と三井物産株式会社の共同出資により、2006年12月に『アドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社』として誕生。
現在では、アドネットワークに留まらず、動画広告DSP(※1)/SSP(※2)、ディスプレイ広告DSP/SSPなどデジタル広告領域のあらゆるソリューションを提供している。

※1 DSP とは、Demand Side Platform の略で、広告主・広告会社が、広告在庫の買い付け、広告配信、掲載面・オーディエンスのターゲティングなどを一括して行えるプラットフォーム。複数の SSP と RTB に接続することで、広告主の求める在庫を必要なときに必要な分だけ確保できます。
※2 SSP とは、Supply Side Platform の略で、媒体社の広告在庫販売を容易にする機能やアドエクスチェンジ機能を提供するプラットフォーム。SSP はDSP に対して、最低入札価格などの条件を提示します。

CCCマーケティング株式会社について

CCCマーケティングは、日本の総人口の4割にあたる5,631万人(2015年11月末現在、名寄せ後の利用会員数)が利用し、45万店舗を超える生活に密着した幅広い分野で利用可能な日本最大の共通ポイントサービス「Tポイント」のデータを活用したデータベース・マーケティング事業を展開している。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-マーケット, システム, 分析
-, ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.