マーケット 海外

中国のインターネット利用状況調査、ネットユーザーは6.68億人

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

2015年6月末時点のインターネット利用者は6億6800万人

2015年7月23日に中国のネットワークインフォメーションセンター(CNNIC)は第36回「中国互換網発展状況統計報告」を発表した。2015年6月末時点、中国のインターネット利用者は6億6800万人、インターネット普及率は48.8%となる。

中国のインターネット利用者は、半年で1894万人が新たに増加した。さらに、スマートフォンやモバイルなどのインターネット利用者は5億9400万人となり、2014年12月と較べ、半年で3679万人増加となった。インターネット利用者全体におけるモバイルインターネット利用者の利用率は88.9%という。

性別:
インターネット利用者の性別比率は、男性は55.1%、女性は44.9%となる。女性利用者は半年で1.3%増加している。

年齢:
中国のインターネット利用者は、10-39歳が全体の78.4%と大半を占めている。そのうち、31.4%の20代が一番利用する年齢層となる。

職業:
学生が24.6%で最多数、次に自営業者が22.3%と会社員が16.3%という利用率が高い。

インターネットデバイス:
携帯電話・スマートフォンが88.9%、デスクトップPCが68.4%、ノートPCが42.5%、タブレット端末が33.7%、テレビが16.0%。

利用時間:
インターネットに接触する時間は毎週平均25.6時間。モバイルインターネットの普及に比例して2013年以降利用時間は長くなっていたが、2014年末をピークに、2015年上半期の利用時間は短くなった。

インターネットの利用用途を多い順から挙げると、「チャット」が6億626万人(90.8%)、次いで「ニュース」は5億5467万人、(83.1%)、「検索」は5億3615万人、(80.3%)が約8割。続いて「音楽視聴」72.0%、「ブログ」71.1%、「動画視聴」69.1%の利用率が高い。

インターネットショッピング:
2015年6月には、中国のネットショッピングのユーザーの規模は3.74億人まで達した。
これは2014年末に比べ1249万人増加し、半年で3.5%の成長率となっている。
2014年上、下半期の成長率はそれぞれ9.8%と9.0%で、ネットショッピング全体の増加速度は若干落ち着いてきている。
中国の携帯電話でのネットショッピングのユーザー規模は速いスピートで増加しており、2015年6月時点で2.70億人まで達し、半年の成長率は14.5%となった。
携帯電話でショッピングするユーザーの増加速度は全体のネットショッピング市場の4.1倍。携帯電話のネットショッピングを使う割合は42.4%から45.6%に引き上がっている。

インターネットとスマホが普及し、ネット通販が伸びる条件が揃ってきた中国では、引き続きネット通販の利用者が急増していくことが期待できる。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-マーケット, 海外
-, ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.