マーケット

日本のECサイトの売上上位300社のサイト横幅に関しての調査結果(株式会社久調べ)

更新日:


1.売れてるECサイトのサイト幅は「980pxから990px」

株式会社久が、第1回レポートはECサイト設計における基本である「サイト横幅トレンド」について、日本のECサイトの売上上位300社※1の各サイトを調査した。

■調査概要
【調査期間】2015年3月
【調査対象】日本のECサイトの売上上位300社

売れてるECサイトのサイト幅は、900pxから1,000pxが最も多く69.4%を占め、次いで1,000pxから1,100pxが16.3%という結果になった。
全体でみると900px以上が約93%と、大部分を占めている状況だという。
2010年の調査データ※2「サイト幅900px以上のサイトは58%」と比較すると、サイト幅は広がっている傾向にあるようだ。
2015年の全体平均は970.8pxとなった。
さらに900pxから1,000pxを10pxごとに比較すると、980pxから990pxが25.1%を占め、次いで960pxから970pxが23.6%という結果がでたという。
売れているサイトにおける最も主要なサイト幅は900px台後半、特に980pxから990pxが主流という状況だ。

※1 国内でネット販売事業を展開する主な事業者に対して行った月刊ネット販売通信Online(発行:宏文出版株式会社)が実施した2013年度(2013年6月~2014年5月の決算を反映)売上高調査の上位300社を対象に調査。
※2 サポタント「ECサイトのトレンド調査データ レイアウト編」より

2.総合通販サイトはサイト幅1,000px以上

さらに、「サイト幅トレンド」の各サイトを商品カテゴリ(主要商材)別に、ホビー用品/衣料品・雑貨/家具・住宅設備/食品・日用品/総合/電気製品/美容・健康の7つに区分※3に分類し、商品カテゴリ間のサイト幅の平均値に差があるかどうかを検証、比較した。
商品カテゴリ別のサイト幅は一見するとさほど差が無いように見えますが、統計的検定※4を用いて調べたところ、サイト幅の平均値に差があることが分かりました。
総合通販サイトに関しては平均1,002pxと、他サイトよりやや広く、逆にもっとも狭いのは、家具・住宅設備で939pxとなっている。

※3 株式会社久 独自で分類した区分
※4 Kruskal Wallis検定,p<0.05を用いて調査。サイト幅は正規分布に従わない(Shapiro Wilk検定,p<0.05)ため、Kruskal Wallis検定を採用。Kruskal Wallis検定は、対応のない多群間の平均値に差があるかを検証する、ノンパラメトリックな検定手法。

3.商品カテゴリによってレスポンシブ対応に大きな差

サイト幅が固定されているサイトが91.1%を占めるのに対して、ウィンドウサイズを広げてもそれに合わせてサイトが伸縮するレスポンシブタイプのサイトの割合は8.8%少数派となっており、ECサイト全体においてはPC・スマホが個別に制作・運用されていることがわかる。
しかし、レスポンシブサイトの占める割合を商品カテゴリ別にみてみると、電気製品・総合通販サイトなど商品数が多いと思われるカテゴリにレスポンシブタイプの割合が高く、反対に食品・日用品には導入されていないなど明確に差が出ている状況だ。

【考察】

PCやスマホ、タブレットなど様々なデバイスがある中で、どのようにサイト幅を規定すればいいかお悩みの事業者の方も多いだろうと、独自調査を行い、結果公開に至ったとのこと。
まず、サイト幅においては、900pxから1,000px、特に980pxから990pxが多く占めている状況だ。
960pxから970pxのサイト幅のサイトが次いで多くなっているのは、スマホサイト(320px)との連携のしやすさ(レスポンシブ対応など)のためと考えられる。

サイト幅といえば、制作や更新がしやすいレスポンシブ対応を検討されている事業者の方も多くいると思われるが、全体で対応状況を見ると、8.8%と1割未満の結果になった。
しかし、商品カテゴリ(主要商材)別に割合を見てみると比較的商品数が多い「電気製品」「総合」サイトなどは10%を超えており、他のカテゴリは10%未満と明確に差が出ていることがわかる。

このように、商品カテゴリや商品特性などによってユーザーの利用・購買行動に大きく差があり、売れてるECサイトにするためにはそれに沿った最適なサイト幅・タイプ(スマホ専用・レスポンシブ対応)を運用することが重要だと考えられるとのことだ。

■調査概要
【調査期間】2015年3月
【調査対象】日本のECサイトの売上上位300社

【考察】

PCやスマホ、タブレットなど様々なデバイスがある中で、どのようにサイト幅を規定すればいいかお悩みの事業者の方も多いだろうと、独自調査を行い、結果公開に至ったとのこと。
まず、サイト幅においては、900pxから1,000px、特に980pxから990pxが多く占めている状況だ。
960pxから970pxのサイト幅のサイトが次いで多くなっているのは、スマホサイト(320px)との連携のしやすさ(レスポンシブ対応など)のためと考えられる。

サイト幅といえば、制作や更新がしやすいレスポンシブ対応を検討されている事業者の方も多くいると思われるが、全体で対応状況を見ると、8.8%と1割未満の結果になった。
しかし、商品カテゴリ(主要商材)別に割合を見てみると比較的商品数が多い「電気製品」「総合」サイトなどは10%を超えており、他のカテゴリは10%未満と明確に差が出ていることがわかる。

このように、商品カテゴリや商品特性などによってユーザーの利用・購買行動に大きく差があり、売れてるECサイトにするためにはそれに沿った最適なサイト幅・タイプ(スマホ専用・レスポンシブ対応)を運用することが重要だと考えられるとのことだ。

■調査概要
【調査期間】2015年3月
【調査対象】日本のECサイトの売上上位300社

関連ニュース


-マーケット
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.