中国は日本と違って、時短・利便性を目的に、定期的に利用

GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社(以下、GMOリサーチ)は、GMOリサーチが保有する日本と中国のモニターを対象に「ネットスーパーに関する利用実態調査」を実施した。

調査背景:

昨今の日本では、女性の社会進出に伴ってライフスタイルが多様化していることを背景に、仕事や家事、子育ての合間にインターネット上で商品を注文し、希望時間に自宅まで届けてもらえるネットスーパーの利用が進んでいる。日本国内では大手小売業が次々とネットスーパー市場に参入し、中国においても日本を含む世界各国のスーパーマーケットが進出するなど、今後も市場拡大が予想される。

そこでGMOリサーチは、日中両国におけるネットスーパーの利用実態を把握するべく、日中の女性モニターを対象にインターネットでのアンケートを実施したという。

調査結果:

(1)ネットスーパーの利用頻度(図1)

・日本では半数以上の人が「不定期」(52.7%)、「月1回」(21.7%)と、必要なときにだけ利用している。
・「月に3回以上利用している」人は日本:16.0%、中国:45.6%となり、中国ではネットスーパーを定期的に利用する人が多く、より身近なものであるがわかる。

(2)ネットスーパーの利用理由(図2)

・日本では「重たいものを持つのが負担になるから」が50.8%と最も多く挙げられた。
・一方中国では、「商品が一覧できて店頭よりも選択しやすいから」(58.8%)、「買物に時間をかけたくないから(商品を探し回る時間やレジに並ぶ時間を節約したい)」(52.3%)で50%を超える結果となり、店頭での買い物と比較した際の時間短縮や利便性を主な目的としていることがわかった。

(3)購入する食品の種類(図3)

・日本では、「生鮮品(鮮魚・生肉・野菜・果物)」(39.7%)、「米穀類」(34.3%)、「飲料」(32.5%)と続き、
・一方中国では、「牛乳(乳製品を含む)」(46.0%)、「パン・菓子類」(34.0%)、「調味料(醤油・砂糖・みりん・味噌など)」(31.8%)と続いた。

また中国では、水以外の飲料では「牛乳」が最も飲用されているという調査(※)もあることから、定期的にニーズの発生する品目の購入にもネットスーパーが活用されていると考えられる。

(4)ネットスーパーへの不満や要望、今後の利用意向(図4~図5)

・日本では「特にない」(19.2%)を除いて、「配達料金が高い」(33.2%)、「当日配達ができない(締切時間が早すぎる)」(22.5%)、「配達時間を指定したい(時間帯を細かく設定してほしい)」の順となった。

・一方中国では、「配達料金が高い」(27.5%)、「当日配達ができない(締切時間が早すぎる)」(24.5%)、「配達時の破損・型崩れ(容器・商品)がある」(20.5%)となり、日中ともに料金や時間指定など配達に関する不満が多いことが浮き彫りとなった。

・今後の利用意向については、日本では「今後も利用状況は変わらない」が60.3%であったのに対し、中国では「今後は利用が増える」が58.7%と半数を超える結果となった。

結論:

今回の調査で、日本と中国におけるネットスーパーの位置づけや利用目的の違いが見えてきた。

日本では半数以上の人が不定期で利用していることから、持ち歩きに負担のかかる重い商品や、かさばる商品を購入する際など、必要なときに利用するといった活用が主流である。

一方中国では、月3回以上利用する人も多く、日常的に飲んでいる牛乳をはじめ、定期的に必要となる食品購入における商品の選択から購入までの時間短縮を目的に、ネットスーパーが活用されている。

しかし日中ともに、ネットスーパーの配達に関する不満や要望が多いことから、今後は配達エリアや即日配達可能時間の拡大といった物流網の強化のほか、配達料金を抑える工夫や、配達料金に見合う付加価値の高い商品・サービスを提供していくことが、ネットスーパーの利用拡大につながるとGMOリサーチが指摘した。

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]