マーケット 企業戦略

日本初のEC・通販に特化したCRM協会発足 顧客との本物のリレーションシップを目指す

更新日:


レスポンス重視からリレーションシップを構築するCRMへ

日本で唯一のEC・通販に特化したCRM専門協会「一般社団法人CRM協会」が発足した。

CRMとは「Customer Relationship Management」の略で、データベースに蓄積された顧客の属性や行動履歴などを元に、個々に適した対応をすることで、良好な関係を築き、顧客満足度を向上させる取り組みのことを指す。

2015年は「通販CRM元年」と言われるほどに脚光を浴びるワードではあるものの、CRMに関する情報や知識を充分に持つ事業者は少ない。
「リレーションシップ」というよりは、「レスポンス」を重視されていることが多く、真の関係構築にはほど遠いのが現状だ。

「レスポンス」から本物の「リレーションシップ」へとCRMの形を変えるべく、顧客に必要な情報を、必要な時に必要な量だけ受け取れるEC・通販業界へ導くことが発足の目的だという。

活動のために掲げる4つの軸

・ 消費者にとって快適な業界育成
通販業界の中でも、トップの売り上げを誇る事業者をはじめ、多くのEC・通販事業者とのリレーションシップを結び、顧客に対するマーケティング活動を考えるセミナー・勉強会等を開催。
会社の顧客に関する考え方の意見交換をするで、各社独自の強みを発見し直すと共に、CRMマーケティング技術を共に学ぶ場を提供いたします。

・ EC・通販市場の向上
顧客へのリレーションシップを高める事で、業界全体でのより充実した通販サービスの提供を実現し、通販市場の拡大を目指します。

・ EC・通販CRM市場の向上
会社独自に行われているCRM活動ですが、データをセグメントするのみならず、リレーションに重きを置いたマーケティング活動を実施するには、多くのデータと専門知識を必要とします。
協会で、データの研究を行うことでEC・通販CRM市場の向上に貢献します。

・優良CRM活動から通販事業者の発展に貢献する
リレーションシップのマインドを磨くことで、マーケティング活動から、多くの企業価値が新たに生まれます。
CRM活動から、EC・通販事業者の新たな発展に貢献いたします。

代表理事に、株式会社E-Grantの向徹氏が、理事には株式会社Ryo-MAの小林 亮介氏、株式会社シーピーユーの米田 哲郎氏が就任。

具体的な活動内容としてはセミナーの開催や、CRMマーケティングのデータやツールの提供、顧客とのリレーションシップを大切にしている企業に対し、『顧客満足推進マーク』の進呈などを挙げている。

2015年5月14日(木)に設立記念レセプション&セミナーを開催。
本格的な活動は6月からを予定している。

関連ニュース


-マーケット, 企業戦略
-

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.