マーケット

スマートフォンでのネットショッピング利用経験、2年前と比べ8.3ポイント増(MMD研究所)

更新日:


スマートフォンでのネットショップの割合が増加

MMD研究所は、スマートフォンを所有する20歳以上の男女565人を対象に「2014年ネットショッピングに関する利用実態調査」を実施した。

まずネットショッピングに使用したことのあるデバイス(複数回答)について聞いたところ、PCを使用したことがあると答えたのは83.9%、スマートフォンを使用したことがあると答えたのは54.2%、タブレットを使用したことがあると答えたのは17.5%となった。

MMD研究所が2012年7月に行った「スマートフォン・PCのネットショッピングに関する利用実態調査」と比較すると、PCは11.2ポイント減、スマートフォンは8.3ポイント増、タブレットは6.8ポイントの増となった。

利用頻度は「月に1回程度利用している」が最多

ネットショッピングの利用頻度に関しては「月に1回程度」の回答が各デバイスとも最多となった。
意外にもほぼ毎日利用している割合も多いことがわかった。

利用が多いショッピングサイトは「楽天、Amazon、Yahoo!ショッピング」

最近6カ月以内に利用したネットショッピングサイト(複数回答)については、「楽天」が73.8%、「Amazon」が71.2%、「Yahoo!ショッピング」が25.5%という順となった。

最も利用している支払方法は圧倒的にクレジットカード

最も利用している支払方法については、「クレジットカード決済」と回答した人が76.7%で圧倒的な利用率となった。

出典元:MMD研究所

関連ニュース


-マーケット
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.